【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 概説ジェンダーと法

概説ジェンダーと法

概説ジェンダーと法

「ジェンダーと法」最新の講義テキスト

著者 辻村 みよ子
ジャンル 法律  > 憲法
法律  > ジェンダー法
出版年月日 2013/09/27
ISBN 9784797286090
判型・ページ数 A5変・232ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

  辻村みよ子(明治大学法科大学院教授) 著

 はじめに
 1 序論「ジェンダー」と「ジェンダー法学」
 2 女性の権利の展開と女性差別撤廃条約
 3 世界各国の男女共同参画政策とポジティヴ・アクション
 4 日本の男女共同参画社会基本法と諸政策
 5 日本国憲法の平等原理と性差別の違憲審査基準
 6 政治参画とジェンダー
 7 雇用とジェンダー
 8 社会保障とジェンダー
 9 家族とジェンダー
 10 リプロダクティヴ・ライツ
 11 ドメスティック・ヴァイオレンス
 12 性暴力,ストーカー,セクシュアル・ハラスメント
 13 セクシュアリティとポルノ・買売春
 14 学術・教育分野の男女共同参画
 15 司法におけるジェンダー・バイアスと理論的課題

◇資 料 編◇
 1 女性差別撤廃条約
 2 男女共同参画社会基本法
 略年表(『ジェンダーと法』関連年表)

事項索引

このページのトップへ

内容説明

男女共同参画社会基本法の制定(1999年)から約15年、21世紀の最重要課題として掲げた男女共同参画社会の実現にはほど遠い。社会に根強い不合理な性差別が、その実現を阻んでいる。法学の分野において、不合理な性差別はどのように存在するか? 辻村みよ子『ジェンダーと法(第2版)』(不磨書房、2010年)をもとに、構成とデータを更新し、DV防止法2013年改正や新判例に対応した最新・概説版テキスト。これからの時代、大学・大学院の講義はもちろん、企業・団体の研修にも必須の一冊。

このページのトップへ