【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 書物のある情景

書物のある情景

書物のある情景

人生を垣間見る珠玉のエッセイ集

著者 平井 一雄
ジャンル 法律  > 民法
出版年月日 2010/04/30
ISBN 9784797285680
判型・ページ数 4-6・288ページ
定価 本体3,600円+税
在庫 在庫あり
 

目次

「新唐詩選」「新唐詩選続編」 3

芥川龍之介「澄江堂雑記」 9

芥川龍之介「骨董羹」 15

佐藤春夫編著「美の世界」 21

佐藤春夫譯「ぽるとがるぶみ」 27

塚本邦雄「薔薇色のゴリラ」 33

塚本邦雄「百花遊歴」 39

坂口和澄「三国志群雄録」 45

井波律子「中国の五大小説」上・下 51

井波律子「中国文学の愉しき世界」 57

島田謹二「日本における外国文学」(上巻) 61

ダントルコール「中国陶瓷見聞録」 67

コナン・ドイル「シャーロック・ホームズの冒険」・『まだらの紐』 71

ピエール・ルイス「ビリチスの歌」 77

ドーデー「月曜物語」 81

春陽堂「モーパッサン全集」文学作品の偽作 85

小山ブリジット「夢見た日本」 91

岡本綺堂「世界怪談名作集」 95

鈴木信太郎「小話風のフランス文学」 101

泉鏡花「二三羽十二三羽」 105

柴田宵曲「妖異博物館」 111

松村善雄「乱歩叔父さん」 115

火野葦平「陸軍」――私の戦争体験 119

江口雄輔「久生十蘭」 125

鹿島茂「愛書狂」「怪帝ナポレオンⅢ世」 131

澁澤龍彦解説「幻妖 日本文学における美と情念の流れ」 135

倉橋由美子「大人のための怪奇掌篇」 141

池内紀「少年探検隊」 145

水 鏡 151

平家物語思いつくままに 157

保元物語鬼頭姓の由来について 163

アナトール・フランス「エピクロスの園」 167

「プリニウスの博物誌」Ⅰ~Ⅲ 173

クリフォード・アーヴィングから思いつくことなど 179

海野底「漱石は文豪か?」 183

田辺保『ブルターニュへの旅』 189

ブスケ「日本見聞記」 195

ソポクレス「アンチゴネー」 201

モーパッサン「マダム・リュノー事件始末記」「酒樽」 207

モーパッサシ「いなかの法廷」贈与のはなし 211

ロバート・ファン・ヒューリック「沙蘭の迷路」 217

宮澤俊義「東と西」 223

司馬遼太郎「歳月」 229

伊藤秀雄「黒岩涙香」 237

『大岡政談』 243

浜尾四郎「博士邸の怪事件」 249

「仏蘭西法律書」親権について 255

フランス民法典婚姻について 261

松葉一清「パリの奇跡」 267

辰野隆「辰野隆随想全集1 忘れ得ぬ人々」275

このページのトップへ

内容説明

「自己の読書の対象を一々明らかにするということは、ある見方からすれば、自己の内面をさらけ出すことにも通ずる。本書をお読みくださった方は、私という人間をどのように捉えられたであろうか。」(跋より)法学研究者が書きつづる、人生を垣間見る珠玉のエッセイ集。

このページのトップへ