【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 仲裁・ADRフォーラム Vol.4

仲裁・ADRフォーラム Vol.4

仲裁・ADRフォーラム Vol.4

仲裁・ADRの理論と実務に関する研究

著者 日本仲裁人協会
ジャンル 法律  > 民事訴訟法/民事執行法/民事保全法/倒産法
シリーズ 学会誌
出版年月日 2013/02/28
ISBN 9784797269017
判型・ページ数 B5・124ページ
定価 本体2,500円+税
在庫 在庫あり
 

目次

国民生活センターADRに関する法制度の概要(森大樹)
国民生活センター紛争解決委員会によるADRの概要と実施状況(枝窪歩夢)
IBA証拠規則の改訂状況(手塚裕之)
仲裁人候補者名簿の効用について(松元俊夫)
UNCITRAL仲裁部会における投資仲裁条約手続透明性規則作成作業(濱本正太郎)
国際仲裁手続と外国倒産手続(手塚裕之)
アメリカ仲裁協会紛争解決国際センター(AAA/ICDR)における国際仲裁の実務(井上葵)
福祉的機能再考(入江秀晃)
ICC仲裁におけるICC国際仲裁裁判所の役割(小田博)

このページのトップへ

内容説明

仲裁・ADRの理論と実務に関する最先端の研究。その成果を共有することで、日本の仲裁人・調停人のレベルの向上をはかる。従来の研究紀要とは一線を画し た書籍として、仲裁・ADRの法制度や理論に関する紹介、分析の他、仲裁・ADRに関するさまざまな実務慣行についても考察。

このページのトップへ