【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 行政法研究 第5号

行政法研究 第5号

行政法研究 第5号

行政法理論の基層を探求する

著者 宇賀 克也 責任編集
大久保 規子
橘高 真佐美
鳥谷部 壤
丸山 明子
山田 綾子
村松 昭夫
ジャンル 法律  > 行政法
シリーズ 法律・政治  > 研究雑誌
出版年月日 2014/03/27
ISBN 9784797265354
判型・ページ数 菊判変・176ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

  宇賀克也(東京大学大学院法学政治学研究科教授) 責任編集

◆特集◆ グリーンアクセスの実効的保障をめざして
 ◆序 (大久保 規子)

◆1◆ グリーン化する司法:情報へのアクセス,市民参加,司法アクセスの権利
      ――環境裁判所はどのように貢献できるか〔 ジョージ・R・プリング/キャサリン・K・プリング[橘高 真佐美 訳]〕
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 環境裁判において情報へのアクセスを向上させるための手段
 Ⅲ 環境裁判所において市民参加を向上させるための手段
 Ⅳ 環境裁判所において司法アクセスを向上させるための手段
 Ⅴ 効果的な環境裁判所の12の構成要素
 Ⅵ 展  望

◆2◆ 環境公益訴訟 ――成功のための条件〔ブライアン・J・プレストン[鳥谷部 壌 訳]〕
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 適切な環境法
 Ⅲ 裁判可能性
 Ⅳ 訴訟の開始
 Ⅴ おわりに

◆3◆ 環境分野の司法アクセス ――EUレベルの展開〔ジャン・フランソワ・ブレイクランド[大久保 規子 訳]〕
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 背景:ブリュッセル
 Ⅲ 進展(1):ルクセンブルク
 Ⅳ 進展(2):再びブリュッセルへ?
 Ⅴ おわりに

◆4◆ 環境問題における司法アクセスとNGOの役割〔ヨアンナ・コーネリウス[鳥谷部 壌 訳]〕
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ リオ宣言 ――第10原則
 Ⅲ オーフス条約
 Ⅳ EUと欧州司法裁判所判決
 Ⅴ 国内立法と司法アクセス関連事案 ――スウェーデンを例に
 Ⅵ おわりに

◆5◆ SLAPP訴訟がもたらす深刻な萎縮状態からの市民参加 ジュディス・A・プレストン[丸山 明子 訳]〕
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ SLAPP訴訟とは
 Ⅲ 民主主義的自由の行使に対するSLAPP訴訟の脅し効果
 Ⅳ 事  例
 Ⅴ スラップ訴訟への対応
 Ⅵ おわりに

◆6◆ ドイツの環境訴訟における司法審査の密度〔ヴェルナー・ヘールマン[大久保 規子 監訳]〕
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 行政の裁量権
 Ⅲ 不確定法概念の解釈
 Ⅳ 裁判官の権限
 Ⅴ 環境事件の司法審査
 Ⅵ おわりに

◆7◆ 環境NGOの司法アクセス
      ――イタリアの法制度における最近の展開〔エレーナ・ファソーリ[山田 綾子 訳]〕
 Ⅰ 近年の潮流
 Ⅱ 当事者適格
 Ⅲ 環境利益の概念化
 Ⅳ 環境犯罪の訴追
 Ⅴ 環境NGOの役割
 Ⅵ おわりに

◆8◆ アスベスト国賠訴訟の成果と課題 ――泉南アスベスト国賠訴訟を中心に〔村松昭夫〕
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 大阪・泉南アスベスト国家賠償訴訟
 Ⅲ 建設アスベスト訴訟
 Ⅳ アスベスト被害救済訴訟の概況
 Ⅴ おわりに

【翻訳者紹介】
 大久保規子 大阪大学大学院法学研究科教授
 橘高真佐美 弁護士,東京パブリック法律事務所
 鳥谷部  壌 大阪大学大学院法学研究科博士後期課程
 丸山  明子 弁護士,福岡東部法律事務所
 山田  綾子 大阪大学大学院法学研究科特任研究員

このページのトップへ

内容説明

宇賀克也責任編集による行政法専門研究誌第5号。「特集:グリーンアクセスの実効的保障をめざして」として、国際シンポジウムをベースに、世界の第1線の研究者・実務家が集結し、全8論文を掲載。環境分野の司法制度について、ヨーロッパを中心に国際的視野より検討。

このページのトップへ

関連書籍

このページのトップへ