【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 行政法研究 第4号

行政法研究 第4号

行政法研究 第4号

行政法理論の基層を探究する

著者 宇賀 克也 責任編集
村上 裕章
黒川 哲志
板垣 勝彦
ジャンル 法律  > 行政法
シリーズ 法律・政治  > 研究雑誌
出版年月日 2013/12/25
ISBN 9784797265347
判型・ページ数 菊判変・144ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

 宇賀克也(東京大学大学院法学政治学研究科教授) 責任編集

◆1◆ 客観訴訟と憲法
  〔村上裕章(九州大学大学院法学研究科教授)〕

 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 客観訴訟の具体例 
 Ⅲ 客観訴訟の憲法上の位置付け
 Ⅳ 客観訴訟の憲法上の限界
 Ⅴ おわりに

◆2◆ 統計的思考と行政法 ――抽象化された個人利益の保護と公益実現
  〔黒川哲志(早稲田大学社会科学総合学術院教授)〕

 Ⅰ はじめに
 Ⅱ リスクをコストに転換する制度
 Ⅲ リスク管理と統計的思考
 Ⅳ 集積型問題への対応
 Ⅴ おわりに

◆3◆ 保障国家における私法理論 ――契約・不法行為・団体理論への新たな視角
  〔板垣勝彦(横浜国立大学大学院国際社会科学研究院准教授)〕

 Ⅰ 保障国家と市場社会
 Ⅱ 保障国家と契約理論
 Ⅲ 保障国家と不法行為理論
 Ⅳ 保障国家と団体理論
 Ⅴ 展 望

このページのトップへ

内容説明

宇賀克也責任編集による行政法専門研究誌第4号。①「客観訴訟と憲法」(村上裕章)、②「統計的思考と行政法」(黒川哲志)、③「保障国家における私法理論」(板垣勝彦)の3論文を収録。

このページのトップへ

関連書籍

このページのトップへ