【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 社会保障法研究 第2号

社会保障法研究 第2号

社会保障法研究 第2号

社会保障法学の一層の発展を目指す学術雑誌

著者 岩村 正彦 責任編集
菊池 馨実 責任編集
高畠 淳子
柴田 洋二郎
新田 秀樹
橋爪 幸代
堀 勝洋
島崎 謙治
太田 匡彦
ジャンル 法律  > 労働法/社会保障法
シリーズ 法律・政治  > 研究雑誌
出版年月日 2013/09/26
ISBN 9784797265125
判型・ページ数 菊判変168ページ
定価 本体3,400円+税
在庫 在庫あり
 

目次

◆特集◆ 社会保障の費用負担

◇1◇ 社会保障の財政〔岩村正彦〕
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 社会保障法学における社会保障財政の位置づけ
 Ⅲ 社会保障財政の法的検討課題
 Ⅳ おわりに

◇2◇ 社会保険料免除の意義 ――老齢年金における拠出と給付の関係――〔高畠淳子〕
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 国民年金における免除制度
 Ⅲ 厚生年金保険における免除制度
 Ⅳ 各年金制度における免除制度の意義と効果
 Ⅴ 現行の免除制度に対する評価
 Ⅵ おわりに

◇3◇ 社会保障と税 ――社会保障財源における税の特徴・意義と近年の動向――〔柴田洋二郎〕
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 社会保障における税財源への関心 ――背景と現状
 Ⅲ 社会保険料と税
 Ⅳ 社会保障財源の租税化 ――わが国の消費税とフランスのCSG
 Ⅴ おわりに

◇4◇ 財政調整の根拠と法的性格〔新田秀樹〕
 Ⅰ はじめに ――本稿の目的
 Ⅱ 財政調整の定義 ――本稿における検討対象
 Ⅲ 財政調整の種類と類型
 Ⅳ 保険者による拠出金等の拠出・納付の根拠及び法的性格
 Ⅴ 財政調整の限界
 Ⅵ おわりに ――残された課題

◇5◇ 社会保障給付の一部負担をめぐる法的問題〔橋爪幸代〕
 Ⅰ 一部負担の法的性格
 Ⅱ 一部負担の応能負担と応益負担
 Ⅲ 一部負担の不払問題
 Ⅳ 定率負担の一部負担の減免

◆研究座談会◆
 社会保障法研究の道程と展望 ――堀勝洋先生を囲んで――
 〔堀勝洋・岩村正彦・菊池馨実・島崎謙治・太田匡彦〕
 Ⅰ はじめに ――本座談会の趣旨
 Ⅱ 厚生省から社会保障研究所(現・国立社会保障・人口問題研究所)へ
 Ⅲ 上智大学へ(1994年)
 Ⅳ ご著作について
 Ⅴ 社会保障法学会について
 Ⅵ おわりに


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


Shakaihoshoho-kenkyu

[Review of social security law -Revue de droit de la sécurité sociale -Zeitschrift für Sozialrecht]

  Edited by Masahiko IWAMURA, Yoshimi KIKUCHI


No.2 August 2013



― Contents ―


◇Sharing of Social Security Costs


Social Security Finnancing 〔Masahiko IWAMURA〕

Exemptions from Payment of Premiums to Social Insurance:The Relationship between Contributions and Benefits for the Old-Age Pension 〔Junko TAKAHATA〕

Tax Resources in Social Security System〔Yojiro SHIBATA〕

The Grounds and the Legal Character of Financial Adjustments〔Hideki NITTA〕

Legal Issues regarding Individual Payment for Social Security Benefit〔Sachiyo HASHIZUME〕


◇Interview and Discussion

Retrospection of and Outlook for Social Security Law Study:Interview and Discussion with Professor Katsuhiro HORI
〔Katsuhiro HORI,Masahiko IWAMURA,Yoshimi KIKUCHI,Kenji SHIMAZAKI,Masahiko OTA〕


このページのトップへ

内容説明

社気保障法学の一層の発展を目指す新しい研究雑誌。今号は、5本の〈論稿〉と、堀勝洋教授との〈研究座談会〉を収載し、法学の視点から、「社会保障の費用負担」に関する、基礎的・理論的な考察を行う。信頼の編集・執筆者により、新たな時代に応答すべく、新たに創刊された研究雑誌、待望の第2号。

このページのトップへ

関連書籍

このページのトップへ