【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 増訂日本古代法釋義

増訂日本古代法釋義

日本立法資料全集別巻 647

増訂日本古代法釋義

明治期における日本法制史の体系書

著者 有賀 長雄
ジャンル 法律  > 法制史
シリーズ 法律・政治  > 日本立法資料全集【別巻】
出版年月日 2010/07/21
ISBN 9784797263428
判型・ページ数 A5変・960ページ
定価 本体76,000円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

明治期における日本法制史研究について1つの到達点を示すのが本書であろう。その内容は、聖徳太子の17条の憲法に始まり、大宝律令、そして科条類典へと到る。編者有賀長雄(1860-1921)は明治期の法学者、その著作は憲法、行政法、国際法などを中心に広い範囲に渡っている(小社本シリーズ274,453-454,501,541-543)。

このページのトップへ