【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 欧州競争法

欧州競争法

法学翻訳叢書 6

欧州競争法

EU競争法実務の真髄をみる

著者 ルイ・ヴォージェル
小梁 吉章 訳(訳者あとがき 著)
ジャンル 法律  > 外国法/比較法
法律  > 経済法/独占禁止法
シリーズ 法律・政治  > 法学翻訳叢書
出版年月日 2012/12/27
ISBN 9784797261561
判型・ページ数 A5変・624ページ
定価 本体15,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

  ルイ・ヴォージェル(元パリ第2大学学長) 著/小梁吉章(広島大学大学院法務研究科教授) 訳

日本語版への序
はじめに 競争法について
欧州競争法への序言

◇第1部 カルテルと市場支配的地位の濫用◇

第1編 適用範囲

第1章 適用要件
 第1節 反競争的効果の場所
 第2節 加盟国間通商への影響

第2章 適用範囲
 第1節 人的適用範囲
 第2節 物的適用範囲

第2編 カルテル

第1章 原   則
 第1節 禁  止
 第2節 適用除外

第2章 適   用
 第1節 水平的制限
 第2節 垂直的制限

第3編 市場支配的地位の濫用

第1章 市場支配的地位
 第1節 関係市場
 第2節 個別的市場支配的地位
 第3節 集合的市場支配的地位

第2章 濫   用
 第1節 類  型
 第2節 制  度

第4編 知的財産権の特例

第1章 原   則

第2章 適   用
 第1節 カルテル
 第2節 市場支配的地位の濫用
 第3節 商品の自由流通の原則

◇第2部 競争手続◇

序   言

第1章 権   限
 第1節 欧州連合当局
 第2節 国内当局
 第3節 国内裁判所
 第4節 仲  裁

第2章 欧州委員会の手続
 第1節 職権による係属
 第2節 申立てによる係属

第3章 事前調査
 第1節 産業分野別調査
 第2節 情報の請求
 第3節 立入検査
 第4節 防御権

第4章 行政手続
 第1節 書面段階
 第2節 口頭段階

第5章 欧州委員会の決定
 第1節 有効要件
 第2節 仮処分
 第3節 違反差止命令
 第4節 罰  金
 第5節 アストラント

第6章 民事の損害賠償

第7章 訴訟手続
 第1節 不作為訴訟
 第2節 取消訴訟
 第3節 執行猶予
 第4節 欧州司法裁判所への上訴

◇第3部 企業結合◇

序   言

第1章 規制範囲
 第1節 地理的適用範囲
 第2節 人的適用範囲
 第3節 企業結合という概念
 第4節 共同体次元
 第5節 国内法との連結
 第6節 間接的規制

第2章 監督の実施
 第1節 競争的利害判断
 第2節 適用除外
 第3節 不適合なオペレーション・企業結合の解消

第3章 監督手続

◇第4部 国家補助◇

序   言

第1章 禁止される補助
 第1節 国家資金の供与
 第2節 経済的利益
 第3節 選別性
 第4節 競争制限
 第5節 加盟国間通商への影響

第2章 適合する補助
 第1節 法律上適合する補助
 第2節 適合的と判断される補助
 第3節 公共サービスの資金供与目的の補助

第3章 監督手続
 第1節 権  限
 第2節 監督の過程
 第3節 欧州委員会の決定
 第4節 訴訟手続

参考文献リスト
欧州連合運営条約の抜粋・仮訳

訳者あとがき

このページのトップへ

内容説明

フランス駐在経験のある訳者による、フランスを代表する経済法学者の著作の翻訳書。現在のEU競争法の運用実態を紹介する書であるとともに、数多の欧州委員会決定・欧州裁判所判決を理論面から整理、再構成することで、コモン・ローと大陸法との方法論的融合を試みた書でもある。先例を知ることで紛争を予防する。欧州進出企業法務関係者、必読の一冊。

このページのトップへ