【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 国会運営の裏方たち─衆議院事務局の戦後史

国会運営の裏方たち─衆議院事務局の戦後史

国会運営の裏方たち─衆議院事務局の戦後史

当事者に直接インタビューした貴重な記録

著者 今野 彧男
赤坂 幸一 編著
奈良岡 聰智 編著
ジャンル 政治・経済  > 政治学  > 政治一般
出版年月日 2011/08/29
ISBN 9784797260458
判型・ページ数 4-6・450ページ
定価 本体4,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

  今野彧男 (元・衆議院事務局議事部副部長) 著
  赤坂幸一(九州大学法学研究院准教授)・奈良岡聰智(京都大学大学院法学研究科准教授) 編著

序 章 日々是れ好日――衆議院事務局に入るまで 
 人生最初の記憶・満洲事変/公主嶺の小学校へ/遼陽へ/旅順師範学校附属小学校への編入学/軍国主義の浸透/
 中学校生活――満洲移民の進学状況/父の満鉄退社と養蜂業への転職/海軍兵学校と旧制高校の受験/江田島への出立/
 海軍兵学校の虚実/原子爆弾を目撃/終戦へ/海軍兵学校を去って/北辰電機製作所への転身/家族の帰還/
 仙台での暮らし振り/駅弁売りの体験/衆議院事務局へ/鈴木委員部長の秘書役に

第1章 戦後初期の衆議院――事務総長の秘書として
 Ⅰ
 キャリア・パスの概略/鈴木隆夫の生い立ち――可憐な少女との出会い/鈴木隆夫、東北帝大を卒業し内務省へ/
 中野正剛の思い出/田口弼一書記官長によるテスト
 Ⅱ
 東大閥への対抗心/大池真総長と鈴木委員部長の間柄――知野虎雄氏の処遇/西沢哲四郎氏の処遇問題/
 『衆議院要覧』の形式の背後にあるもの/事務局の人事マネジメントと政治サイドの意向/大木操氏の勅選議員推薦をめぐって/
 帝国議会の書記官長/大池総長の印象/山﨑総長と国会用地の取得/戦後の国会制度とウィリアムズ
 Ⅲ
 事務次長というポスト/暗黙の部長間ヒエラルヒーの存在/鈴木隆夫の人付き合いの妙/委員部の集合写真に見る人事構成
 Ⅳ 
 鈴木隆夫の公の側面/鈴木隆夫と参議院事務局との関係/鈴木体制の始動――互助会事件の影響/
 議員互助年金制度の創設/宮中席次の問題/文化人との交流/皇太子御成婚をめぐって/
 南窓会――国会法規の権威としての鈴木隆夫/衆栄会の発足/議長秘書・副議長秘書
 Ⅴ
 秘書課長・議長秘書・総長秘書の関係/「官房課長」の役割/副部長ポストの創設――秘書課長との関係/
 議長秘書・総長秘書の任期
 Ⅵ
 内藤秀男氏・堺谷哲氏の思い出/「鈴木隆夫文書」の収蔵経緯/幻の「鈴木隆夫日記」/
 鈴木隆夫の退職祝い――梅原龍三郎の絵を破格値で

第2章 鈴木体制の継承と動揺
 Ⅰ 
 鈴木隆夫の引き際――後継総長の調整と鈴木体制の継承/列国議会同盟会議(IPU)の日本開催/
 「山﨑ノート」のゆくえ/高評価だったIPU日本会議/『議会制度七十年史』の編纂/
 山﨑総長時代以降における国会運営の変化/ILO条約の審議――委員会名簿の提出拒否に際して/附帯決議の運用
 Ⅱ 
 山﨑総長の「引き際」/久保田体制の始動/鈴木理論に忠実な議事運営/久保田総長の人柄/
 日韓国会――強行採決をめぐって/船田議長、田中副議長の議事進行ぶり/正副議長の辞任/
 国会正常化に向けた取り組み――知野氏の正常化試案/久保田総長の退職
 Ⅲ 
 鈴木隆夫と知野虎雄の間柄/知野氏、衆議院へ/鈴木氏の面倒見――馬術と海水浴と/官僚の十傑/
 法規・先例に対する知野氏のスタンス――会派と議員との関係/返還前の沖縄代表の扱い/部長会議と案件会議/
 健康保険法の特例法案をめぐって――知野氏の献策と正副議長の辞任/事務総長の憲法解釈/鈴木隆夫氏の場合/
 知野総長時代の末期/「知野記念館」としての憲政記念館――川崎議員との確執/知野総長の「秘密主義」/
 永田町の伝統と霞ヶ関/事務局と政治との関わり――人事運用をめぐって

◇間 奏◇――事務局余話
 Ⅰ 
 清瀬議長のこと/宮中の鴨猟/藤野総長の横顔/事務局幹部とマスコミ、政治家との関係/大久保氏と中村氏のこと
 Ⅱ 
 葉山洗心寮について/地方議会事務局との関係/地方議会の会議規則と自治省/衆議院事務局の「身分」システム/
 自治省からのキャリア職員の採用/帝国議会期の議院法研究会について

第3章 衆議院事務局の実務
 Ⅰ 
 『先例集』に載せられない「先例」――特別委員会の名簿提出をめぐって/先例会議/先例集編纂会議
 Ⅱ 
 議事部請願課へ――課レベルの人事システム/請願課の職務内容/請願の処理作業――不要になった請願書の扱い/
 請願の採択状況・処理状況の通知/泉議事部長の勉強会(1)――経緯/泉議事部長の勉強会(2)――請願のみなし採択/
 閉会中の請願課――請願の採択通知/泉議事部長の勉強会(3)――請願のみなし採択(続)/特許庁の労使紛争に関する請願/
 交通刑務所の設置に関する請願/議事部議案課へ/議案課の職務内容・分掌/他部課との折衝――政府委員室との交渉/
 永年勤続二五周年の表彰/ロッキード事件の影響
 Ⅲ 
 憲政記念館へ――幹部への反抗/企画調査主幹の職務――衆議院で最初の「主幹」に/
 憲政記念館の年間スケジュールの確立/憲政記念館での取り組み/開設当初のスタッフ陣――伊藤光一氏と渡邊行男氏のこと/
 憲政記念館の収集資料/衆議院事務局の所蔵資料/占領軍との交渉過程の資料/憲政記念館と参議院/憲政記念館のビジョン/
 憲政記念館の人事管理/憲政記念館の資料収集のノウハウ――宇垣文書・重光文書/憲政記念館の閲覧体制/
 議会アーカイブの可能性/資料公開に向けての課題
 Ⅳ 
 議事部副部長への就任の経緯――『議会制度百年史』の編纂/議事部資料課のルーティン・ワーク/百年史の編纂業務/
 小川国彦氏の思い出――不穏当な言辞とは/松本善明氏の質疑の場合――事務局の「中立性」/議会法に関する論文の投稿

オーラル・ヒストリーを終えて

◇ 個人年表(巻末)
◇ 資 料(巻末)
 1 衆議院事務局幹部一覧(昭22~)
 2 衆議院内全体図(現在)

このページのトップへ

内容説明

長年議事運営に携わってきた自称「裏方」、今野彧男から直接聞き取りをし、文書では触れられにくい生の政治過程を記録としてまとめた貴重なオーラルヒストリーシリーズ。議会政治のリアリティーを伝える、実務から研究まで有用の書。本書は、元衆議院事務局議事部副部長の今野彧男へのインタビューをまとめたものでる。

このページのトップへ