【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
ホーム > 生存の条件

生存の条件

生命力溢れる地球の回復

生存の条件

地球環境問題を私たちが考えるために

著者 旭硝子財団 編著
ジャンル 法律 > 環境法
自然科学・環境 > 環境
出版年月日 2010/07/30
ISBN 9784797260434
判型・ページ数 A5・136ページ
定価 本体952円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

目次

◇本書の主な内容

○地球温暖化
○生物多様性の喪矢
○世界の森林が消ををえている
○エネルギー資源が枯渇する
○地球にある水は限られている
○貴重な水資源が失われている
○飢えに苦しむ人が増えている
○人類の食料が足りなくなる
○人聞社会のあるべき姿
○ブループラネット
○21世紀の新しい社会像
○生命力溢れる「太陽エネルギー社会」
○太陽エネルギー社会への道
○太陽エネルギーを中心とする持続可能社会
○自然そのものに価値を認める社会
○都市と地方が連携した多様性と活力に満ちた社会
○ライフスタイルの変革

このページのトップへ

内容説明

◆ 見やすく分かりやすく、地球環境をあらゆる分野の方々が考えるために ◆

地球温暖化、生物多様性の喪失など、地球環境問題をやさしく解説。一般の方、企業の環境対策にも有用の、最新の環境問題とその対策を考える、ビジュアルで分りやすく編集された必読の書。一般向け。

このページのトップへ

関連書籍

環境法研究 第7号

環境法研究 第7号

環境へのリスクを多角的視点から考究

 
科学の不定性と社会 ― 現代の科学リテラシー

科学の不定性と社会 ― 現代の科学リテラシー

信頼の執筆陣による、科学リテラシー入門

 
 
環境法研究 第6号

環境法研究 第6号

法政策と訴訟の両分野から追求する

 
環境法研究 第5号

環境法研究 第5号

原発規制と原発訴訟の法理論

 
 
環境条例の制度と運用

環境条例の制度と運用

★開発と環境-規制条例を知る[2色刷]

 
環境政策論(第3版)

環境政策論(第3版)

内容大幅アップデートの好評書改訂版

著者:倉阪 秀史
 
 
環境法研究 第3号

環境法研究 第3号

リスク論の見地から原発問題を考察する

 
環境法研究 第2号

環境法研究 第2号

中国の環境問題を検証し対策を考える

 
 
環境法研究 創刊第1号

環境法研究 創刊第1号

環境法学の構築と理論の実践

 
環境外交─気候変動交渉とグローバル・ガバナンス

環境外交─気候変動交渉とグローバル・ガバナンス

気候変動交渉からみる国際交渉の力学

著者:加納 雄大
 
 
中国環境法概説 Ⅰ  総論

中国環境法概説 Ⅰ 総論

動きの激しい中国環境法の教科書

著者:桑原 勇進
 
環境法講義

環境法講義

環境問題を法的思考で考えるために

 
 

このページのトップへ