【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > コンパクト学習条約集(第2版)

コンパクト学習条約集(第2版)

コンパクト学習条約集(第2版)

携帯用条約集の決定版

著者 芹田 健太郎 編集代表
ジャンル 法律  > 六法/条約集
法律  > 入門
法律  > 一般
法律  > 実務
法律  > 国際法/国際関係/国際私法
出版年月日 2014/03/27
ISBN 9784797259124
判型・ページ数 4-6584ページ
定価 本体1,000円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

目次

〔編集代表〕
芹田健太郎:京都ノートルダム女子大学学長・神戸大学名誉教授

〔編集委員〕
森川俊孝:成城大学教授
黒神直純:岡山大学教授
林 美香:神戸大学教授
李 禎之:岡山大学教授
新井 京:同志社大学教授
小林友彦:小樽商科大学准教授

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

第2版はしがき/はしがき
凡 例
インターネット活用のすすめ

◆Ⅰ 国  家

  解説
  1 基本権
  ⅰ)国の権利義務
1  国の権利義務条約(モンテビデオ条約)
   ⅱ)非植民地化
2  植民地独立付与宣言
   ⅲ)国家間関係原則
3  友好関係原則宣言
   【国際連合加盟国一覧】
   ⅳ)自衛権
4  不戦条約
  ミニ解説:自衛権
5  国連憲章第2条・第51条
6  日米安保条約
7  在日米軍地位協定
   ⅴ)主権免除
8  国連裁判権免除条約(抄)
  
  2 国家領域・国際化区域
   ⅰ)海 洋
9  国連海洋法条約(抄)
10  国連公海漁業協定(抄)
   ⅱ) 空 間
11  国際民間航空条約(抄)
   ⅲ) 南極・宇宙
12  南極条約(抄)
13  宇宙条約
   ⅳ) 日本の領域
14  対日平和条約第2条
15  ポツダム宣言第8項
16  連合軍最高司令部訓令(SCAPIN)第677号(抄)
  ミニ解説:日本の領土
17  日韓漁業協定
18  日中漁業協定
19  日本の島・領海・排他的経済水域・大陸棚図
  
  3 国家機関
   ⅰ) 外交官
20  外交関係条約(抄)
   ⅱ) 領事官
21  領事関係条約(抄)
   ⅲ) 国家代表
22  国家代表条約(抄)
   【外務省組織図】
  
  4 国家の行為(条約締結)
23  条約法条約
  
  5 国家責任
24  国家責任条文
25  〈参考〉外交的保護条文草案第2読
  
◆Ⅱ 人権保障
  
  解説
26  26 世界人権宣言
27  27 日本国憲法(抄)
28   自由権規約
29   自由権規約選択議定書
  ミニ解説:個人の国際機構への申立
30   自由権規約・死刑廃止条約
31   社会権規約(抄)
32   社会権規約選択議定書
33   人種差別撤廃条約(抄)
34   女性差別撤廃条約(抄)
35   女性差別撤廃条約選択議定書(抄)
36   子どもの権利条約(抄)
37   子どもの権利条約・子ども兵士禁止条約(抄)
38   子どもの権利条約・子どもポルノ禁止条約(抄)
39   障害者の権利に関する条約(抄)
40   難民条約(抄)
  ミニ解説:難民条約の適用
41   国内避難民カンパラ条約(抄)
42   ヒトゲノムと人権に関する世界宣言(1997)
43   生命倫理と人権に関する世界宣言(抄)
44   改正ヨーロッパ人権条約(抄)
45   ヨーロッパ人権条約第1議定書(抄)
46   ヨーロッパ人権条約第4議定書(抄)
47   ヨーロッパ人権条約第7議定書(抄)
48   ヨーロッパ人権条約第12議定書(抄)
49   ヨーロッパ人権条約第13議定書(死刑廃止)(抄)
50   米州人権条約(抄)
51   アフリカ人権憲章(バンジュール憲章)(抄)
52   アフリカ人権裁判所設立議定書
53   アセアン政府間人権委員会規程(抄)
  
◆Ⅲ 国際機構
  
  解説
  1 国際連合
   【国連の主要機関】
  ミニ解説:OAUとAU
54   国連憲章〈和英対照〉
  コラム:国連からの脱退
  コラム:国連財政
  コラム:総会の会期
  コラム:非常任理事国の選挙
  コラム:信託統治理事会の任務終了
  コラム:国連事務局
  コラム:旧敵国条項
55   〈参考〉国際連盟規約(抄)
56   平和のための結集決議
57   UNHCR規程
58   国連開発計画(UNDP)設立決議(抄)
59   国連環境計画(UNEP)設立決議(抄)
60   平和構築委員会設立決議(抄)
61   人権理事会設立決議
  コラム:国際公務員
  
  2 国際公務員
62   国連特権免除条約(抄)
63   国連要員等安全条約(抄)
64   国連職員規則(抄)
65   国連ボランティア(UNV)設立決議(抄)
  
◆Ⅳ 国際協力

  解説
  1 政治安全保障協力
  ⅰ)安全保障・緊急援助
66   国連憲章第7章・第8章
67   侵略の定義決議
68   北大西洋条約(NATO条約)
   ⅱ)軍備規制
69   包括的核実験禁止条約(CTBT条約)(抄)
70   核拡散防止条約(NPT条約)(抄)
71   IAEA憲章(抄)
72   ジュネーヴ・ガス禁止議定書
73   生物兵器禁止条約(抄)
74   化学兵器禁止条約(抄)
75   大量破壊兵器の不拡散(安保理決議1540(2004))
76   特定通常兵器禁止条約(抄)
77   地雷その他類似の装置使用禁止・制限条約(改正同第2議定書)(抄)
78   爆発性の戦争残存物の撤去等条約(第5議定書)(抄)
79   対人地雷禁止条約(抄)
80   クラスター弾禁止条約(抄)
  
  2 社会経済文化協力
   ⅰ)経済協力
81   国際通貨基金協定(IMF協定)(抄)
82   世界銀行協定(抄)
83   WTO協定(抄)
84   GATT(ガット)(抄)
85   経済協力開発機構条約(OECD)(抄)
86   日本とインドネシア経済連携協定(抄)
   ⅱ)開発協力・緊急援助
87   ミレニアム・サミット宣言
88   OECD・DAC新開発戦略
89   国連人道緊急援助の調整の強化(抄)
   ⅲ)環境保護
90   人間環境宣言
91   リオ宣言
92   オゾン層保護条約(抄)
  ミニ解説:オゾン層保護条約の骨子
93   気候変動枠組条約(抄)
   【気候変動枠組条約の概要】
94   京都議定書(抄)
95   京都議定書に基づく遵守に関する手続及び制度(抄)
96   生物多様性条約(抄)
  コラム:温室効果ガスを規制するための基本枠組み
97   生物の多様性に関する条約のバイオセーフティに関するカルタヘナ議定書(抄)
  コラム:生物の「多様性」がなぜ重要なのか
98   ワシントン野生動植物取引規制条約(抄)
  コラム:遺伝子組み換え作物への対応
   ⅳ)文化財保護
  ミニ解説:ワシントン条約規制対象動植物と日本の留保
99   世界遺産保護条約
100   武力紛争時の文化財保護条約
101   武力紛争時の文化財保護条約議定書(抄)
102   武力紛争時の文化財保護条約第2議定書(抄)
   ⅴ)犯罪鎮圧
103   ジェノサイド条約(抄)
104   国際刑事裁判所規程(抄)
105   カンパラ了解
  ミニ解説:国際刑事裁判所規程と日本の国内法
  コラム:ICCと侵略犯罪
106   テロ行為による国際の平和と安全に関する脅威(抄)
  ミニ解説:テロ行為による国際の平和と安全に関する安保理決議の法的意義
   ⅵ)犯罪人引渡
107   日米犯罪人引渡条約
108   日韓犯罪人引渡条約
  
◆Ⅴ 国際裁判
  
  解説
109   国際司法裁判所規程
110   強制管轄受諾に関する日本国の宣言
  ミニ解説:日本の強制管轄受諾宣言
111   国際海洋法裁判所規程(抄)
112   紛争解決手続了解(WTO協定付属書2)
  ミニ解説:日本とパネル案件
113   投資紛争解決条約(抄)
  ミニ解説:ICSIDの現実
  
◆Ⅵ 武力衝突
  
  解説
114   陸戦の法規慣例に関する条約(抄)
115   捕虜条約(抄)
116   文民条約(抄)
117   1949年ジュネーヴ諸条約の第1追加議定書(抄)
118   1949年ジュネーヴ諸条約の第2追加議定書(抄)
  コラム:第1追加議定書の慣習法性
119   国連部隊による国際人道法の遵守
  
◆Ⅶ 日本の平和友好関係の再構築
  
  解説
120   カイロ宣言
121   ヤルタ秘密協定
122   ポツダム宣言
123   降伏文書
124   対日平和条約(抄)
125   日ソ共同宣言
  ミニ解説:ソ連とロシア
126   日中共同声明
127   日中平和友好条約
128   日韓基本関係条約(抄)
129   日韓請求権協定(抄)
130   在日韓国人法的地位協定(抄)日韓覚書(1991.1.10)(抄)
131   日朝平壌宣言
132   村山内閣総理大臣談話
   〈参考〉小泉内閣総理大臣談話
   〈参考〉河野談話
  ミニ解説:アジア女性基金

このページのトップへ

内容説明

日常の溢れんばかりのニュースの背景にある、国際社会の枠組みを、より深く知り、調べることができる最新の条約集。国際協力を軸にした、新しい目次立て・体系により、現代の国際社会に対応するとともに、各章ごとの解説や理解を深めるための「ミニ解説」、重要な話題に関する「コラム」、WEB活用の案内などで、一歩すすんで条文の理解を助ける条約集の改定第2版

このページのトップへ