【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 生殖補助医療

生殖補助医療

生命倫理と法―基本資料集 3

生殖補助医療

生殖補助医療の現状とこれから

著者 神里 彩子
成澤 光
ジャンル 医学・心理学
法律  > 医事法
出版年月日 2008/10/14
ISBN 9784797259032
判型・ページ数 4-6・400ページ
定価 本体6,300円+税
在庫 在庫あり
 

目次

はしがき(神里彩子)

<本書を利用するにあたって>

第1章 生殖補助医療とは 岡垣竜吾・石原理…3

1 不妊症の定義(4)
2 不妊症の原因(5)
3 生殖補助医療技術(10)
4 非配偶者間の治療とその問題(17)
5 母子相互作用(19)

第2章 日本における生殖補助医療の規制状況と実施状況 神里彩子…21

概 要(22)
1 日本産科婦人科学会会告(28)
2 厚生科学審議会生殖補助医療部会「精子・卵子・胚の提供等による生殖補助医療制度の整備に関する報告書」(35)
3 法務省法制審議会「精子・卵子・胚の提供等による生殖補助医療により出生した子の親子関係に関する民法の特例に関する要綱中間試案」(49)
4 日本学術会議生殖補助医療の在り方検討委員会対外報告「代理懐胎を中心とする生殖補助医療の課題―社会的合意に向けて―」(51)
5 判例:AIDによって生まれた子どもの嫡出性と親権者指定―東京高裁1998(平成10)年9月16日決定(53)
6 判例:AIDにより生まれた子どもの嫡出否認請求―大阪地裁1998(平成10)年12月18日判決(55)
7 判例:亡父の凍結精子を用いた体外受精により出生した子どもの認知請求―高松高裁2004(平成16)年7月16日判決・最高裁2006(平成18)年9月4日判決(57)
8 判例:海外で代理出産により出生した子どもの法的地位―東京高裁2006(平成18)年9月29日判決、最高裁2007(平成19)年3月23日判決(62)

第3章 諸外国における生殖補助医療の規制状況と実施状況

[1]イギリス 神里彩子…74
概 要(74)
1 人受精及び胚研究に関する法律(80)
2 代理懐胎取決め法(106)
3 HFEA:実施規程(第7版):「子どもの福祉及び治療希望者の審査」に関する規定(112)
4 判例:婚約解消後の凍結保存胚利用―Natallie Evans v. Amicus Healthcare Ltd and Others (115)
5 判例:精子の取り違えのケース―Leeds Teaching Hospitals NHS Trust v Mr. and Mrs. A and others (121)
[2]フランス 小門穂…124
概 要(124)
1 保健医療法典(127)
2 民法典(156)
3 刑法典(158)
[3]ドイツ 吉田治代…163
概 要(163)
1 胚の保護に関する法律(167)
2 養子縁組斡旋および代理母斡旋禁止に関する法律 (171)
[4]オーストリア 米本昌平…173
概 要(173)
1 生殖医学法(176)
2 体外受精基金法(188)
[5]イタリア 秋葉悦子…196
概 要(196)
1 生殖補助医療に関する法律(200)
[6]スウェーデン 井上悠輔…209
概 要(209)
1 遺伝学的なインテグリティに関する法律(213)
[7]オーストラリア 井上悠輔…222
概 要(222)
1 連邦・性差別禁止法(227)
2 連邦・家族法(228)
3 ヴィクトリア州・不妊治療法(230)
[8]カナダ 神里彩子…262
概 要(262)
1 人補助生殖及び関連研究に関する法律(265)
[9]アメリカ 神里彩子…285
概 要(285)
1 統一親子法(統一州法委員全国会議作成)(288)
2 コロンビア特別区法典(295)
3 ネバダ州修正法(295)
4 フロリダ州法(297)
5 判例:離婚後の凍結保存胚の取り扱いをめぐる事件―Davis v. Davis (304)
[10]韓 国 洪賢秀…309
概 要(309)
1 生命倫理及び安全に関する法律(314)
2 「補助生殖術倫理指針」(大韓婦人科学会)(317)
[11]台 湾 張瓊方…323
概 要(323)
1 人工生殖法(324)

[参考1]スイス 米本昌平…335
医学的補助生殖についての連邦法(335)
[参考2]ローマ教皇庁 349
教皇庁教理省『生命のはじまりに関する教書』(349)
[付録1]年 表(362)
[付録2]各国比較表:各国の規制状況(376)

あとがき 成澤光…379

このページのトップへ

内容説明

1978年体外受精児ルイーズの誕生で、世界で大きな一歩を踏み出した生殖補助医療。それ以降、世界各国では技術の発展と関係法律の整備が進められてきたが、わが国では、国内初の人工授精児の誕生から25年、法律の空洞化と共に様々な問題が山積している。わが国における生殖補助医療の今後を展望するための一冊。

このページのトップへ