【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 対話が創る弁護士活動─交渉・ADR・司法アクセス・法教育

対話が創る弁護士活動─交渉・ADR・司法アクセス・法教育

学術選書 78

対話が創る弁護士活動─交渉・ADR・司法アクセス・法教育

法律家にとっての対話の意義とは何か

著者 大澤 恒夫
ジャンル 法律  > 法社会学
シリーズ 法律・政治  > 学術選書
出版年月日 2011/05/20
ISBN 9784797258783
判型・ページ数 A5変・336ページ
定価 本体6,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

  大澤恒夫(弁護士) 著

はしがき

第1章 応答社会における弁護士と対話
 第1節 応答的社会における、対話の支援としての弁護士業務
  1 基本的視点
  2 応答的社会と対話
  3 紛争に直面した人々に対する人間的理解
  4 紛争において「納得」を紡ぎ出す対話と弁護士の役割
  5 「正義の総合システム」における法と対話
  6 対話プロセスを支える弁護士活動

 第2節 人と法を結ぶもの ――弁護士の不在と非専門リソース
  1 問題の視点
  2 弁護士の不在
  3 本人訴訟における法とのコンタクト
  4 法とのコンタクトを支える非専門リソース
  5 弁護士への見限り
  6 非専門リソースとしての暴力団・事件屋・有力者
  7 問題の裾野と奥行

 第3節 弁護士からみた弁護士ニーズ
       ――社内弁護士、そして地方開業弁護士としての経験と振り返りから――
  1 求められる弁護士像
  2 社内弁護士としての出発の前後を省みて
  3 社内弁護士としての仕事のなかで
  4 独立後の開業弁護士としての仕事
  5 大阪大学研究グループによる3つの調査について
  6 求められる、日弁連市民会議の要望書への応答

 第4節 依頼者、相手方、そして対話
  1 誠実性と独立性の狭間で
  2 「対話」のアプローチ
  3 弁護士はなぜ対話をするのか
  4 交渉と対話のアプローチ
  5 座標軸としての「対話」の理想―実践と反省

第2章 弁護士の交渉実践と対話
 第1節 交渉と対話 ――「対話による交渉」
  1 「思いどおりにならない他者」との関係形成
  2 「対話」という姿勢
  3 「対話」と憲法
  4 法の正当性を支え、納得を支える「対話」
  5 自律性のサポートとしての励ましと気付きの促し
  6 交渉と法情報と「対話」
  7 交渉とゲーム理論と「対話」
  8 交渉理論と「対話」
  9 対話による交渉への取り組み

 第2節 「対話による交渉」へのリフレクション ――厳しい感情的対立の振り返りを通じて
   反省的な振り返り/社内弁護士としての契約交渉への関与
   リフレクション1――責任制限条項の交渉
   交渉の雰囲気/相手の失礼な対応に、机を叩いて怒鳴る/「よく言ってくれました」
   リフレクション2――企業の再建と交渉
   スポンサー経営者との感情的対立/金融機関との交渉/子の引渡しをめぐる事件
   /刑事事件における交渉/交渉と感情/感情への積極的取組みと対話による交
   渉 ――個人の相互的尊重/「対話」の意味/「対話」と「理由に基づく討論」/
   感情の表出としっぺ返し/交渉の実践と「静かなリーダーシップ」/
   豪腕ではないが、逃げ出さない/現実の複雑性の認識/健全な利害感覚、熱心さ、
   時間稼ぎ、技術的アプローチ/徐々に進み、信念を小さな行為であらわす
   【Q&A】

 第3節 入会権紛争と交渉
  1 依頼を受ける基本的姿勢
  2 入会権紛争の事案の概要
  3 交渉の前提としての調査活動
  4 和解交渉
  5 最終解決 ――WIN=WIN RESOLUTION

第3章 ADRと対話

 第1節 応答する社会とADR
  1 応答する社会における対話によるADR
  2 裁判外紛争解決ということ―境界ADRに寄せて 
  3 現代社会におけるADRの意義

 第2節 調停と対話 ――何のために、どのように、人と人との対話にかかわるのか
  1 対話への問題関心
  2 民事調停の多様な展開と対話のムーブメント 
  3 対話をめぐる基本問題の提起
  4 隣人訴訟事件を振り返る―法と対話の狭間で  
  5 法的思考と対話
  6 対話をめぐる哲学的アプローチ
  7 「対立」をどう考えるか  
  8 対話の意義
  9 物語と対話
 10 納得と対話
 11 調停技法や別席・同席について
 12 内省的実践者としての調停者

 第3節 ADR法と法律家
  1 ADR法の制定
  2 日本の司法調停とADR
  3 ADR法における法律家と非法律家の新しい協働
  4 ADRムーブメントの社会的潮流と展開
  5 求められる法律家像の転換

 第4節 日米のIT関連訴訟とADRによる解決プロセス
  1 問題の視点
  2 日米における紛争事例にみる合意形成の一断面
  3 若干の検討

 第5節 ソフトウェア紛争とその解決プロセス ――ADRという視点
  1 ビジネスも紛争も、人によって形作られる
  2 ソフトウェア紛争の特質とニーズ
  3 紛争解決のプロセスと制度の概観
  4 ソフトウェア紛争と民間ADR(1) ――民間ソフトウェアADRの可能性と適合性
  5 ソフトウェア紛争と民間ADR(2) ――民間ソフトウェアADRの限界と課題
  【補論】「紛争を形作る」ということについて
   第1話 OEM契約紛争とADRによる解決/第2話 ソフトウェア開発を巡る問題にどう対処するか

第4章 司法アクセスと対話
 第1節 司法アクセスの支援と対話
  1 正義へのアクセスと「支援」
  2 人々の納得と対話
  3 「対話」とは何か
  4 自律性の支援と正当性の支援
  5 対話と創造性の発揮
  6 紛争をめぐるプロセスと対話の支援

 第2節 司法ネットとIT
  1 「正義へのアクセス」と司法ネット
  2 正義へのユビキタス・アクセスの理念からみた司法ネットの在るべき姿
  3 司法ネットとIT
  4 司法ネットの実現に向けて

 第3節 司法情報の提供方法 ――多様な可能性
  1 問題の視点
  2 情報提供の原点 ――個の多様性を尊重し支える応答的社会 
  3 多様なニーズと援助のマッチング
  4 援助の内容としての多様な法情報
  5 「法による解決」と総合的ヒューマンサービスとしての多様な情報提供
  6 情報提供の前提としての多様な人間存在への理解
  7 援助要請のプロセスと情報提供の多様性
  8 情報提供窓口の認知の促進と地域に密着した多様性への対応
  9 情報提供における受付と傾聴
 10 継続的な改革の必要

 第4節 「法へのアクセス」と民間の自律的関与
  1 「司法アクセス」と「法へのアクセス」
  2 お上の法からわれわれの法へ
  3 「民」の声を立法に反映させる試み
  4 市場におけるルール形成を目指す準則 ――電子商取引準則
  5 企業活動の自律的指針 ――コンプライアンス・プログラム
  6 ADRにおけるルール・メイキング
  7 Blog利用規約をめぐるネット上の著作権論議を通じて

第5章 実践的法教育と対話
 第1節 法科大学院における善き法実践の育成 ――実務家教員としての基本的視点――
  1 「正義の総合システム」と法曹の育成
  2 善き法実践とその育成のための基本的視点
  3 わたくしの担当科目での取り組み
  4 学生諸君の志への応答

 第2節 交渉教育 ――実践への内省を育む試み
  1 はじめに ――現代に求められる専門性と内省的実践
  2 交渉の教育
  3 スクリプトによる交渉シミュレーション ――民宿との交渉
  4 振り返りとファシリテーション
  5 教授法の在り方を考える

 第3節 ミディエイション・交渉教育の実践
       ――人とつながり、人をつなぐ、内省的実践の育成への取り組み
  1 大学における実践的教育への基本的視点
  2 ミディエイション交渉講座のシラバス
  3 実際の講座の運営
  4 参加学生の感想と教員としての想い

あとがき
事項索引

このページのトップへ

内容説明

「弁護士はさまざまな場面で社会の応答性を高め、社会的応答を実践する重要な役割を担うものであり、その仕事のプロセスで核をなすのも『対話』である。わたくしはこのように、弁護士のこれからを考える際に、対話のアプローチが一つの視点を提供しうるのではないかと考えている」(はしがきより)。「対話」のアプローチを基本に据えて、弁護士の仕事や諸制度、さらには法曹教育の在り方などを検討する。

このページのトップへ