【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 環境行政法の構造と理論

環境行政法の構造と理論

学術選書 60

環境行政法の構造と理論

自主的取組と伝統的規制を整合的に考える

著者 高橋 信隆
ジャンル 法律  > 行政法
シリーズ 法律・政治  > 学術選書
出版年月日 2010/11/30
ISBN 9784797258608
判型・ページ数 A5変・432ページ
定価 本体12,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

高橋信隆 著 (立教大学法学部教授)

1 環境保全の「新たな」手法の展開 3

 は じ め に
 ――環境保全の「新たな」手法とは何か  (5)
一 公害防止協定  (6)
二 「新たな」手法としての協定の実効性確保―オランダのターゲット・グループを例に  (10)
 お わ り に  (12)

2 環境監査の法制化と理論的課題
   ――ECの環境監査規則を素材として―― 17

 は じ め に  (19)
一 環境監査の基本構造  (22)
二 EUの環境監査制度の内容  (30)
三 EC規則の実施に伴う諸問題  (42)
 お わ り に  (51)

3 環境監査の構造と理論的課題
   ――ドイツ環境監査法を素材として―― 53

 は じ め に  (55)
一 環境規格の国際的動向  (62)
二 ドイツ環境監査法  (74)
三 環境保全手法としての環境監査の意義と環境法の課題  (105)
 お わ り に  (141)

4 環境リスクとリスク管理の内部化
   ――ECの環境監査制度の法的意義と実効性―― 145

 は じ め に  (147)
一 環境問題をめぐる法と経済  (153)
二 法問題としてのリスク管理  (162)
三 リスク内部化制度としての環境監査  (187)
 お わ り に  (197)

5 改訂EMASと実施ガイドライン 201

 は じ め に  (203)
一 EMASⅠの課題と改訂への期待  (208)
二 改訂作業の経緯  (225)
三 EMASⅡにおける主要な変更点  (241)
 お わ り に  (281)

6 自治体によるISO認証取得の法理論的課題 285

 は じ め に  (287)
一 環境保全手法としての環境監査  (288)
二 自治体におけるISO認証取得の法的意義と問題点  (291)
 お わ り に  (297)

7 環境アセスメントの法的構造
   ――ドイツの環境親和性審査法を素材として―― 301

 は じ め に  (303)
一 E C 指 令  (307)
二 EC指令の国内法化  (314)
三 環境親和性審査法の内容  (324)
 お わ り に  (344)

8 環境親和性審査と処分の効力
   ――ドイツおよびEUの裁判例を素材として―― 351

 は じ め に  (353)
一 環境親和性審査法の構造と第三者保護  (358)
二 裁判例にみる第三者保護の要件  (369)
 お わ り に  (383)

9 循環型社会の法システム 387

一 循環型社会の夜明け?  (389)
二 循環型社会の形成に向けた法制度の整備状況  (390)
三 循環基本法の特徴と問題点  (392)
四 循環基本法の性格および内容  (397)
五 循環型社会への転換に向けて  (402)


初出一覧(巻末)
事項索引(巻末)

このページのトップへ

内容説明

従来、規制的手法と対置・並列して捉えられていた各々の環境保全手法を、規制的手法を補完するものとして、全体的な枠組の中に位置づけ、将来の不確実なリスクにも対応する理論を提示。国家や企業、個人の「学習能力」の向上を志向する法制度のあり方を考える、今後のより良い環境行政のために必読の文献。

このページのトップへ