【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 生物多様性とCSR─企業・市民・政府の協働を考える

生物多様性とCSR─企業・市民・政府の協働を考える

理論と実際シリーズ 6

生物多様性とCSR─企業・市民・政府の協働を考える

企業、市民・NGO/NPO、政府関係者必読

著者 宮崎 正浩
籾井 まり
ジャンル 自然科学・環境  > 環境
法律  > 環境法
シリーズ 法律・政治  > 理論と実際シリーズ
出版年月日 2010/04/30
ISBN 9784797258363
判型・ページ数 A5変・248ページ
定価 本体3,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

◆第1章 生物多様性の現状と将来...1

(1) 生物多様性とは何か...1
(2) 生物多様性の価値...3
(3) 世界の生物多様性の現状と将来...5
1 絶滅のおそれがある種(5)
2 世界の生物多様性の現状と将来予測(6)
(4) 生物多様性と気候変動との関係...8

◆第2章 生物多様性条約における保全への取組み...11

(1) 生物多様性保全政策のこれまでの流れ...11
(2) 生物多様性条約...13
(3) 2010年目標...15
1 2010年目標の概要(15)
2 2010年目標の評価(16)
3 2010年目標が達成されない理由(17)
(4) ポスト2010年目標...20

◆第3章 企業の役割と取組みの現状...27

(1) 企業の役割...27
(2) 企業の行動に関する指針の現状と課題...27
1 国際的指針(27)
2 国内の指針(40)
(3) 世界の企業の取り組みの現状...46
1 評価の視点(46)
2 鉱 業(48)
3 石 油(53)
4 食 品(57)
5 自動車(59)
6 電気・電子製品(61)
7 小売業(63)
8 銀 行(66)
(4) 日欧米企業の取組の比較...69
1 調査方法(70)
2 業種別の取組の比較(71)
3 日米欧企業の比較(74)
4 考 察(75)
(5) 企業の生物多様性戦略...78
1 企業にとってのリスク(78)
2 企業にとってのチャンス(79)
3 企業の生物多様性保全戦略(84)

◆第4章 企業の取組みの評価...87

(1) 企業の取組みの評価基準...87
1 基本的概念(88)
2 マネジメント評価基準(94)
3 パフォーマンス評価基準(98)
(2) 今後の課題...102

◆第5章 市民・NGO/NPOの役割...105

(1) NGO/NPOの社会における役割と企業とのパートナーシップ...105
(2) 企業とNGO/NPOのパートナーシップの意義...108
(3) 市民参加...114

◆第6章 政府の役割...119

(1) 生物多様性条約を実施するための法制度...119
(2) 生物多様性国家戦略2010...121
(3) 国内の生物多様性の保全法...126
1 生物多様性基本法(127)
2 種の保存法(128)
3 自然公園法(131)
4 環境影響評価法(132)
(4) 海外の生物多様性保全への責務...134
1 開発者としての責務(135)
2 資源の購入者としての責務(136)

◆第7章 生物多様性ノーネットロス政策の課題...141

(1) ノーネットロス政策の意義...141
(2) 生物多様性オフセットの意義と評価...143
1 生物多様性オフセットのガイドライン(143)
2 鉱業における生物多様性オフセットの適用とその課題(146)
3 生物多様性オフセットの定量的評価方法(158)
(3) 海外におけるノーネットロス政策...164
1 概 要(164)
2 米国の制度(166)
3 EUの制度(170)
(4) 経済的手法としての意義...173
1 ミレニアム生態系評価(174)
2 生態系と生物多様性の経済学(TEEB)(174)
(5) 生物多様性バンク...177
1 ミティゲーションバンク制度の概要(178)
2 コンサベーションバンク制度の概要(182)
3 生物多様性バンクの現状と課題(184)
4 まとめ(187)
(6) ノーネットロス政策の論点...188
(7) 日本でのノーネットロス政策導入の課題...193
1 ノーネットロス政策導入の法的課題(195)
2 日本での湿地のノーネットロス政策の導入の可能性(196)
3 日本の状況に適応したノーネットロス政策の可能性(197)
4 日本でのミティゲーションバンクの実現可能性(200)
5 日本での導入の検討の手順(201)
6 戦略的環境アセスメント(203)
7 まとめ(203)

◆第8章 今後の生物多様性保全の課題...205

(1) 日本国内の生物多様性保全...205
1 国内自然保護制度の改善(205)
2 企業の自主的取り組み(207)
3 市民参加(208)
(2) 海外における生物多様性保全...209
1 開発者としての貢献(209)
2 資源の購入者としての貢献(210)

おわりに(213)

このページのトップへ

内容説明

原材料などを生物多様性(戦略)に依存する、企業の取組みを進める上で、重要な客観指標、評価基準を提案し、また、市民・NGO/NPOの生物多様性政策への市民参加の意義を説明、より広い参加を実現するための提案を行う。既に諸外国に導入されているノーネットロス政策の現状と課題も最新状況を解説した、今後の社会活動に必須の実践理論。企業、市民・NGO/NPO、政府関係者必読。

このページのトップへ