【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 輸出管理論

輸出管理論

国際安全保障に対応するリスク管理・コンプライアンス

輸出管理論

日本の輸出リスク管理を体系的に概説

著者 田上 博道
森本 正崇
ジャンル 法律  > 国際法/国際関係/国際私法
シリーズ 法律・政治  > 理論と実際シリーズ
出版年月日 2008/12/25
ISBN 9784797258332
判型・ページ数 A5変・264ページ
定価 本体4,200円+税
在庫 在庫あり
 

目次

◆序章 輸出管理とは何か―本書の目的と構成 1

1 輸出管理とは(1)
2 本書の目的及び構成(3)

◆第1章 大量破壊兵器の拡散と輸出管理の意義 6

1 大量破壊兵器とその拡散(6)
(1)大量破壊兵器とは…6/(2)大量破壊兵器の種類…7/(3)大量破壊兵器の拡散…11/(4)大量破壊兵器使用の危険性の高まり…13/(5)大量破壊兵器への民生技術転用の危険性の高まり…14
2 大量破壊兵器の拡散防止における輸出管理の意義(16)
(1)大量破壊兵器の拡散防止に関する国際条約…16/(2)国際的に共有される輸出管理の必要性…17/(3)輸出管理の果たす役割…18
 通常兵器の取引や関連技術の移転と国際輸出管理レジーム(26)
 迂回輸出事件に見る国際協力の重要性(31)
 輸出管理は自由貿易のインフラストラクチャー(32)
 輸出管理から見たPSIの位置付け(33)
3 大量破壊兵器拡散の状況(33)
(1)北朝鮮…34/(2)中 国…41/(3)インド…48/(4)パキスタン…51/(5)イラン…53/(6)イスラエル…56/(7)リビア…57/(8)非国家主体…59
 中国の通常兵器(45)
 「カーン・ネットワーク」と我が国(63)

◆第2章 我が国の輸出管理制度 66

1 概 観(66)
(1)外為法による輸出管理と安全保障…66/(2)安全保障環境に対応した輸出管理の変遷…68
 外為法と憲法(67)
2 外為法による輸出管理(72)
(1)総 論…72/(2)リスト規制…74/(3)キャッチオール規制…80/(4)技術移転規制(technology transfer control)の特質…91/(5)諸外国における技術移転規制について…97
 武器輸出三原則等(78)
 外国ユーザーリスト(84)
 懸念貨物例リスト(84)
 Know Your Customer Guidance(86)
 インフォームの効力について(87)
 通常兵器キャッチオール(90)
3 我が国の輸出管理の特徴―自主管理の原則(100)
 輸出者の自主管理とCISTEC(100)
4 輸出管理とコンプライアンス(101)
(1)輸出管理におけるコンプライアンス…102/(2)CPの内容…103/(3)CP整備に対するインセンティブ…106/(4)海外子会社と海外支社の管理…109
5 輸出管理の実践(111)
(1)違反事例からみる輸出管理上の留意点…111/(2)大学・研究機関における輸出管理について…116
 企業等における不正転売防止のための取組(116)
 大学等における研究は外為法の規制対象か(118)
 大学等の輸出管理強化に向けた政府の取組(120)
 研究成果は狙われている(121)

◆第3章 判例等から学ぶ違反事件の研究と外為法の解釈 126

1 外為法違反に対する罰則・処分等(126)
(1)刑事罰…126/(2)行政上の措置(行政制裁(輸出等の禁止)、許可取消等)…130/(3)社会的制裁…134
 外為法と罪刑法定主義(127)
 諸外国における不正輸出に対する罰則(128)
 行政刑罰(刑事罰)と行政制裁の併科について(131)
 個人に対する行政制裁の可否について(131)
 事業部単位を客体とした制裁処分の可否について(131)
 インフォームの処分性について(132)
2 過去の主要な外為法違反事件(134)
(1)リスト規制違反事件…135/(2)キャッチオール規制違反事件…142/(3)最近の不正輸出事件…145/(4)検 討…148
 非該当証明書について(137)
 税関の対応と関税法(143)
3 判例等から学ぶ解釈論の研究(152)
(1)「輸出」に関する解釈…152/(2)輸出許可の効力…156/(3)不実申請…158/(4)違法性の認識…160
 輸出の定義と国連安保理決議1540(156)

◆第4章 輸出管理の課題 163

1 安全保障環境に対応した輸出管理制度(163)
(1)技術移転規制の適正化…163/(2)国連安保理決議1540の履行…170/(3)法人に対する処罰のあり方…175/(4)通常兵器に係る補完的輸出規制の導入…177
2 形式的な輸出管理の防止(180)
(1)政府職員が自ら使用する武器…181/(2)過剰なインフォームの防止…185
3 輸出管理の実効性向上―キャッチオール規制における
情報収集・分析体制の充実(187)
(1)客観要件の課題…187/(2)インフォーム要件の課題…190

◆終わりに―輸出管理のもつリスク管理・コンプライアンスの側面 196

★参考資料―外為法・関係政省令(199)/国連安保理決議等(216)
★輸出管理Q&A 222
★安全保障貿易管理用語集 226

法令用名略語一覧(巻末)

このページのトップへ

内容説明

輸出管理業務に携わる人の利便を考慮し、具体的・包括的に日本の安全保障貿易管理の理論と実務を詳述した実践的概説書。輸出管理に従事する企業や大学・研究機関の担当者、国際政治や国際法に興味を持つ方々に最適。信頼ある執筆者による、企業・大学が不測の事態に巻き込まれないため、また、日本の安全保障レベル向上のためにも必備の書。

このページのトップへ