【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > ロクシン刑法総論 第1巻 [基礎・犯罪論の構造]【第4版】(翻訳第2分冊)

ロクシン刑法総論 第1巻 [基礎・犯罪論の構造]【第4版】(翻訳第2分冊)

ロクシン刑法総論 第1巻 [基礎・犯罪論の構造]【第4版】(翻訳第2分冊)

刑法学の重要文献待望の第4版翻訳第2分冊

著者 クラウス・ロクシン
山中 敬一 監訳
ジャンル 法律  > 刑事法
出版年月日 2009/05/25
ISBN 9784797255492
判型・ページ数 A5変・848ページ
定価 本体14,800円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

目次

クラウス・ロクシン 刑法総論 
第1巻[基礎・犯罪論の構造
【第4版】[翻訳第2分冊]
                            <監訳>山中敬一

第14章 不法論の基本問題 藤沢牧子・佐伯和也〔共訳〕
第15章 正当防衛  前嶋匠(~H第2節)/
松尾誠紀(H第3節~)
第16章 正当化的緊急避難と類例の諸問題 川口浩一(~A第3節1g)/
森永真綱(A第3節1h~F)
第17章 職権と強制権、官庁の許可 臼木豊
弟18章 許された危険による正当化事由 佐伯和也
第19章 答責性論の基本問題 長井圓
第20章 責任能力 A(山中友理)/
B・C(松尾誠紀)
第21章 禁止の錯誤 近藤和哉・一原亜貴子〔共訳〕
第22章 答責性を阻却する緊急避難およびこれに類する場合 東雪見・森永真綱〔共訳〕
第23章 客観的処罰条件と処罰阻却事由 徳永佳子
第24章 過 失 趙晟容・葛原力三〔共訳〕


【詳 細 目 次】 [ ]は欄外番号

 第4版への序文

◆第4編 違法性◆

第14章 不法論の基本問題………………………………………………1

A 違法性と不法…………………………………………………7[1]
B 形式的違法性と実質的違法性………………………………9[4]
C 被害者解釈学と実質的不法………………………………13[15]
D 不法と法的に自由な領域…………………………………19[26]
E 違法性と法秩序の統一性…………………………………23[31]
F 正当化事由の体系化について……………………………26[38]
G 正当化事由の競合…………………………………………30[45]
H 正当化における錯誤の問題………………………………34[52]
第1節 不法故意………………………………………34[52]
1 学説の状況(34)[52]
a)消極的構成要件要素の理論(35)[54]
b)制限責任説(35)[55]
c)法律効果指示責任説(36)[57]
d)法律効果独立責任説(37)[59]
e)厳格責任説(38)[61]
f)判 例(38)[62]
2 本書の立場(40)[64]
a)制限責任説(40)[64]
b)厳格責任説(41)[65]
c)消極的構成要件要素の理論(44)[72]
d)法律効果指示責任説(44)[73]
e)法律効果独立責任説(47)[78]
3 許容構成要件の錯誤と禁止の錯誤の区別(47)[79]
第2節 正当化事由における調査義務?………………49[83]
第3節 不確かな,あるいは将来の事情に基づく正当化
要素…………………………………………………52[88]
第4節 正当化事由の存在に関する不確実性…………53[90]
第5節 主観的正当化要素………………………………56[94]
1 主観的正当化要素の必要性(57)[96]
2 主観的正当化要素の内容的要件(58)[97]
3 主観的正当化要素が欠如する場合の未遂の肯定(61)[104]
I 正当化事由の効果…………………………………………63[107]
J 正当化事由における客観的帰属?………………………66[113]
K 個々の正当化事由の説明と分類…………………………67[116]

第15章 正当防衛…………………………………………………69[1]

A 正当防衛権の基本原理……………………………………75[1]
B 正当防衛権の歴史的展開…………………………………78[4]
C 正当防衛における攻撃……………………………………79[6]
D 攻撃の違法性………………………………………………84[14]
E 攻撃の現在性………………………………………………89[21]
F 正当防衛可能な財…………………………………………94[30]
G 防衛の必要性………………………………………………100[42]
H 正当防衛の被要請性………………………………………111[55]
第1節 責任なき,または責任が著しく低減された
攻撃…………………………………………………114[61]
第2節 被攻撃者によって違法に挑発された攻撃……116[65]
第3節 軽微な攻撃………………………………………127[83]
第4節 保障関係内攻撃…………………………………133[93]
第5節 脅迫による恐喝的攻撃…………………………137[100]
第6節 緊急救助として行われた拷問や脅迫は正当化
されうるか?………………………………………139[103]
I 高権的行為と正当防衛権…………………………………142[108]
J 緊急救助…………………………………………………148[116]
K 正当防衛の攻撃者ないし攻撃者の法益への制限………153[124]
L 主観的正当化要素としての防衛の意思?………………156[129]

第16章 正当化的緊急避難と類例の諸問題…………………………159

A 34条という基本的規定……………………………………164[1]
第1節 現行の緊急避難法の展開………………………164[1]
第2節 緊急避難の危険…………………………………170[12]
第3節 対立する利益の衡量……………………………179[26]
1 衡量の観点(179)[26]
a)法定刑の比較(180)[27]
b)法益の価値の高低(181)[29]
c)法益侵害の強度(183)[32]
d)生命対生命の衡量の禁止(184)[33]
e)切迫する危険の程度(189)[43]
f)自律性原理(191)[46]
g)法律上の規定(194)[51]
h)緊急状態の自招性(200)[60]
i)特別の義務的地位(204)[65]
j)不法の側に立っての行為(205)[67]
k)回避された損害と惹起された損害の当事者に
おける個人的意味付け(208)[71]
l)危険が被侵害者の領域に由来する場合(208)[72]
2 保全利益の本質的優越(219)[89]
第4節 相当性条項………………………………………220[91]
第5節 正当化的緊急避難のその他の諸問題…………226[101]
1 同一法益主体内における利益衝突(226)[101]
2 高権の担い手(Hoheitsrager)の緊急避難権(227)[103]
3 主観的正当化要素(229)[105]
B 民法上の攻撃的緊急避難,民法904条…………………230[107]
C 民法上の防御的緊急避難,民法228条…………………232[111]
D 正当化的義務衝突…………………………………………234[115]
E 緊急避難類似状況…………………………………………240[126]
F 基本法20条4項の抵抗権………………………………242[129]

第17章 職権と強制権,官庁の許可…………………………………245

A 公務担当者の介入権………………………………………245[1]
B 違法な拘束的命令…………………………………………253[15]
C 当局に代わって行う行為(Das Handeln pro magistratu)…258[22]
第1節 仮逮捕…………………………………………259[23]
第2節 自救権…………………………………………264[29]
D 懲戒権なる違法阻却事由はもはや存在しない…………265[32]
第1節 教育権者による懲戒……………………………266[32]
1 現行法およびその歴史的背景(266)[32]
2 法規定の社会政策的問題性(267)[35]
3 学説によるさまざまな解決案,および現行法
による結論(268)[37]
4 法政策的評価および立法論的考慮(273)[47]
第2節 教師による懲戒………………………………274[52]
第3節 その他の者による懲戒…………………………276[56]
E 官庁の許可………………………………………………277[58]

第18章 許された危険による正当化事由……………………………287

A 推定的同意………………………………………………288[3]
第1節 正当化事由の構造……………………………290[3]
第2節 推定的同意の補充性……………………………294[10]
第3節 利己的行為における推定的同意?……………297[15]
第4節 推定的意思確定の基準…………………………299[19]
1 他人の利益のための行為(299)[19]
a)事実に結びついた決定(299)[19]
b)人格に結びついた決定(300)[21]
c)生存に関する決定(301)[23]
2 自己の利益のための行為(304)[27]
第5節 錯誤と調査義務(305)[29]
B 正当な利益の擁護…………………………………………306[31]
第1節 193条の構造について…………………………307[31]
第2節 正当化事由としての正当な利益の擁護………309[35]
第3節 侮辱構成要件を越えて193条を適用しては
ならない……………………………………………311[39]
第4節 正当な利益の擁護の個々の要件………………312[40]
C 芸術の自由…………………………………………………316[49]
第1節 独自の正当化事由としての芸術の自由………317[49]
第2節 基本法5条3項による正当化事由の要件……318[51]

◆第5編 責任と答責性◆

第19章 答責性論の基本問題…………………………………………321

A 責任および刑法的答責性の要件としての予防の必要性…327[1]
B 心理的責任概念から規範的責任概念……………………332[10]
C 規範的責任概念の批判について…………………………336[15]
D 刑法における責任の内容的確定(実質的責任概念)……337[18]
第1節 「他行為可能性」としての責任………………338[20]
第2節 法的に非難される心情としての刑法…………340[23]
第3節 自己の性格への保証義務としての責任………342[27]
第4節 一般予防の必要の承認としての責任…………345[33]
第5節 規範に応答可能にもかかわらず不法な行為
をしたこととしての責任…………………………348[36]
第6節 責任主義の反対者達……………………………356[51]
E 刑法を根拠づける責任と刑を量定する責任……………359[54]
F 責任阻却事由か免責事由か………………………………360[56]
G Maurachの行為答責論……………………………………361[58]
H 行為責任と行状責任………………………………………362[62]

第20章 責任能力……………………………………………………365

A 成人の責任能力……………………………………………372[1]
第1節 法的規制の基礎…………………………………372[1]
第2節 生物学的・心理的な関連所見…………………376[8]
1 病的な精神障害(376)[8]
2 根深い意識障害(379)[13]
3 精神薄弱(385)[22]
4 重いその他の精神的偏倚(386)[24]
第3節 弁識能力と抑制能力……………………………389[28]
第4節 著しく限定された責任能力……………………392[33]
1 刑法21条の条件(392)[33]
2 刑の任意的減軽(397)[37]
3 軍刑法7条における特例(403)[48]
B 児童と少年の責任能力……………………………………404[50]
C 原因において自由な行為…………………………………407[56]

第21章 禁止の錯誤……………………………………………………421

A 禁止の錯誤の規定.理論史的発展と法政策的問題性…424[1]
B 不法の意識の対象…………………………………………431[12]
C 不法の意識の現象形態……………………………………437[20]
第1節 禁止の存在に関する錯誤………………………437[21]
第2節 正当化事由の存在または限界に関する錯誤…438[22]
第3節 あてはめの錯誤…………………………………439[23]
第4節 有効性の錯誤……………………………………440[25]
D 禁止の錯誤の諸々の意識形態……………………………441[27]
E 未必の不法の意識…………………………………………442[29]
F 禁止の錯誤の回避可能性…………………………………446[35]
第1節 有責行為の前提としての禁止の錯誤の回避
可能性………………………………………………446[35]
第2節 刑法上の答責性が阻却される場合としての
錯誤の免責可能性…………………………………447[38]
第3節 不法の認識を獲得するための手段……………451[46]
第4節 禁止の錯誤の回避可能性は行為責任か
行為者責任か?……………………………………452[47]
第5節 回避可能性の個別的要件………………………454[52]
1 確認の「契機」(455)[53]
2 確認のための努力の必要程度(459)[62]
3 努力が不十分であった場合における不法の認識
の獲得可能性(465)[69]
G 禁止の錯誤の法律効果……………………………………466[70]
H 禁止の錯誤に関する特別規定……………………………467[73]

第22章 答責性を阻却する緊急避難およびこれに類する場合……469

A 35条の緊急避難……………………………………………471[1]
第1節 規定の体系的地位と目的論的内容……………471[1]
第2節 他の方法では回避不可能な,現在の危険……478[15]
第3節 緊急避難の可能な法益…………………………482[22]
第4節 緊急避難の認められる人的範囲………………486[30]
第5節 危険回避のための行為…………………………487[32]
第6節 35条1項2文による答責性阻却の否定………489[35]
1 例外の根拠について(489)[35]
2 特別な法的関係(491)[39]
3 自招危難(493)[44]
4 危険の受忍が期待可能であるその他の事例(498)[52]
5 危険の受忍が期待可能な場合における量刑(500)[56]
第7節 緊急避難状況の誤想……………………………501[59]
第8節 避難行為に対する共犯…………………………504[66]
B 33条の過剰防衛……………………………………………506[68]
第1節 規定の体系的地位と目的論的内容……………506[68]
第2節 答責性を阻却する情動…………………………510[75]
第3節 意識的な過剰防衛と無意識的な過剰防衛……514[82]
第4節 質的(intensiv)過剰防衛と量的(extensiv)
過剰防衛……………………………………………515[84]
第5節 無関係の第三者の侵害…………………………518[91]
第6節 正当防衛状況を意図的に惹起した後の過剰
防衛…………………………………………………519[93]
第7節 誤想過剰防衛……………………………………521[94]
第8節 他の正当化事由における過剰に対する
33条の類推適用?…………………………………523[97]
C 良心的行為(Gewissentat)………………………………524[100]
第1節 刑法的評価の基礎としての基本法4条………526[100]
第2節 良心的行為の可罰性についての結論…………529[109]
第3節 不可罰の良心的行為の体系的地位……………534[120]
D 市民的不服従………………………………………………538[130]
E 各論における答責性阻却事由……………………………540[134]
第1節 個別の諸事例……………………………………541[134]
1 139条3項1文における親族の不告発(541)[135]
2 173条3項における未成年者の近親相姦(542)[136]
3 258条5項における他者のためであると同時に
自分自身のために行われる処罰妨害
(Strafvereitelung)(543)[138]
4 258条6項における近親者のための処罰妨害(543)[139]
第2節 これらの諸事例の解釈論上の扱い……………544[140]
F 超法規的答責性阻却………………………………………545[142]
第1節 超法規的免責事由としての期待可能性?……546[142]
第2節 答責性阻却事由としての危険共同体…………548[146]
1 超法規的答責性阻却の基礎付け(548)[146]
2 超法規的責任阻却に関する通説(552)[154]
3 刑罰阻却事由の承認(553)[157]
4 減軽事由の承認(554)[159]
5 禁止の錯誤の承認(554)[160]
第3節 殺人における答責性阻却事由としてのより
少ない害の選択?…………………………………555[161]
第4節 人命救助のための拷問又はその命令を,超
法規的答責性阻却により不処罰とすることは
できるか?…………………………………………558[166]

◆第6編 その他の処罰前提◆

第23章 客観的処罰条件と処罰阻却事由……………………………561

A 答責性を越えた処罰条件 問題提起と事例……………563[1]
B 通説における第4番目の犯罪カテゴリーの肥大化……565[6]
第1節 構成要件要素としての仮象的な処罰条件……565[7]
第2節 正当化事由としての仮象的処罰阻却事由……568[14]
第3節 答責性阻却事由としての仮象的処罰阻却
事由………………………………………………569[16]
C 刑法外の目的設定が優越する場合としての客観的処罰
条件と処罰阻却事由…………………………………………570[21]
第1節 指導的観点………………………………………570[21]
第2節 学説上の諸見解…………………………………572[27]
第3節 実際上の結論……………………………………574[30]
D その他の諸構想……………………………………………574[31]
第1節 第4番目の犯罪カテゴリーの拒否……………574[31]
第2節 第4番目の犯罪カテゴリーの基準としての
当罰性………………………………………………576[34]
第3節 第4番目の犯罪カテゴリーの基準としての
処罰の必要性(要罰性)……………………………577[37]
E 処罰条件および処罰阻却事由と訴訟条件との区別……579[41]
第1節 限界設定の論争性と困難性……………………579[41]
第2節 実体法の「刑罰害悪相当性」への方向づけ…581[45]
第3節 実体法と形式法の区別の基準としての刑事
訴訟の仮定的消去…………………………………582[48]
第4節 実体法への所属の基準としての行為との直
接関連性……………………………………………583[51]
F 展望 ― 訴訟法における刑法的および刑法外的目的
設定……………………………………………………………585[54]

◆第7編 過  失◆

第24章 過  失………………………………………………………589

序  論
A 構成要件…………………………………………………596[3]
第1節 責任形式から構成要件的犯罪類型へ…………596[3]
第2節 過失行為の基準…………………………………598[8]
第3節 許されない危険創出の具体化について………601[14]
1 法規範(601)[15]
2 社会生活上の規範(603)[18]
3 信頼の原則(604)[21]
a) 道路交通の場合(604)[21]
b) 分業的共同作業の場合(606)[25]
c) 他人の故意犯罪の場合(607)[26]
4 類型的基準人(611)[34]
5 調査義務と不作為義務(612)[36]
6 利益と危険の衡量(613)[39]
第4節 構成要件の保護範囲の具体化について………614[41]
第5節 「許されざる危険創出」に替えて法益侵害
の予測の「説得的な動機づけ」を基準とすべ
きか?………………………………………………616[47]
第6節 過失の基準の一般化か個別化か?……………619[53]
第7節 認識なき過失と認識ある過失…………………625[66]
第8節 過失犯の客観的構成要件と主観的構成要件…628[73]
第9節 不法と責任の段階化としての故意,軽率性,
単純で軽微な過失…………………………………630[77]
1 故意と過失(630)[77]
2 軽率性(632)[81]
3 軽微な過失(636)[92]
第10節 過失犯と罪刑法定主義………………………637[94]
B 違法性……………………………………………………639[98]
第1節 基本的な問題点…………………………………639[98]
第2節 正当防衛…………………………………………640[100]
第3節 緊急避難…………………………………………642[104]
第4節 推定的承諾および承諾…………………………643[107]
C 責任と答責性………………………………………………644[109]
第1節 一般的責任阻却事由……………………………644[109]
第2節 その他の責任阻却事由…………………………646[114]
1 個人的無能力(646)[114]
2 期待不可能性(649)[122]

 あとがき(山中敬一)

事項索引(第1分冊[第3版]・第2分冊[第4版]共通)
 〔邦語→独語/独語→邦語〕(巻末)

このページのトップへ

内容説明

ドイツ刑法学を長く牽引し、中心的な役割を果たしてきたC.ロクシン教授による体系書、第4版。翻訳は上下分冊とし、本書はその後半を収める。著者の思想・方法論から、最新の判例・学説・理論を明晰かつ総合的に検討した古典的名著最新版。理論と実務の絶妙なバランス感覚により、具体的・説得的な理論を提供、また、個別テーマ毎にドイツ以外の関連文献までも掲示した充実の書。

このページのトップへ