【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 違法性阻却原理としての新目的説

違法性阻却原理としての新目的説

学術選書 27

違法性阻却原理としての新目的説

正当化事由の個別的検討

著者 吉田 宣之
ジャンル 法律  > 刑事法
シリーズ 法律・政治  > 学術選書
出版年月日 2010/11/30
ISBN 9784797254273
判型・ページ数 A5変・312ページ
定価 本体8,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

吉田宣之 著 (桐蔭横浜大学法科大学院教授)


はしがき

◇序説 違法性に対する基本的視座................................. 3


1 形式的違法性と実質的違法性................................. 3

⑴ 違法性論の基本的視座 (3)

⑵ ドイツにおける違法性論の系譜 (3)

⑶ 我国における違法性論の現状 (5)

⑷ 実質的違法性論 (6)

⑸ 行為無価値論と結果無価値論 (9)

2 客観的違法性論と主観的違法性論............................ 10

⑴ 客観的違法性論と主観的違法性論の対立点 (10)

⑵ 違法性論の対立の系譜 (11)

⑶ 規範構造と客観的違法性論 (11)

⑷ 客観的違法性論の「客観性」の実体 (14)

3 可罰的違法性.............................................. 16

⑴ 可罰的違法性の意義 (16)

⑵ 違法性の相対性 (16)

⑶ 可罰的違法性の程度 (17)

⑷ 可罰的違法性の体系上の地位 (18)

⑸ 可罰的違法性と判例 (19)

4 違法性阻却事由............................................ 20

⑴ 違法性阻却事由の意義 (20)

⑵ 違法性阻却事由の統一原理 (21)

⑶ 新目的説の提唱 (22)

◇自己決定権と自殺関与罪の処罰根拠............................. 27

1 問題提起.................................................. 27

2 自殺の法的性質をめぐる学説の現状.......................... 28

⑴ 我国における学説の現状 (28)

⑵ ドイツにおける学説の現状 (29)

3 問題の所在................................................ 30

4 問題解決の新たな試み...................................... 31

⑴ 法益論からのアプローチとしてのThomas Weigendの機能的法益説の検討 (31)

⑵ 政策論からのアプローチとしてのNorbert Hoersterの後見説の検討 (33)

⑶ 憲法からのアプローチとしてのDetlev Sternberg-Liebenの第三者の利益説の検討 (34)

5 自説の展開................................................ 36

⑴ 自己決定権自体からのアプローチ (36)

⑵ 自殺の法的性質 (37)

⑶ 自殺関与罪の法的性質 (38)

◇自殺教唆・幇助罪の処罰根拠.................................... 41

1 問題の所在................................................ 41

2 我国における学説の状況.................................... 41

⑴ 適法行為説概説 (42)

⑵ 違法減少説概説 (43)

⑶ 責任阻却説概説 (44)

3 学説の批判的検討.......................................... 47

⑴ 適法行為説の検討 (47)

⑵ 違法減少説の検討 (49)

⑶ 責任阻却説の検討 (54)

4 違法減少説の根拠の検討.................................... 57

⑴ 他者の利益説の検討 (58)

⑵ 不自由意思説の検討 (60)

⑶ 後見説の検討 (62)

⑷ 法的保護不要説と優越的利益説の検討 (63)

5 特別犯罪類型説の提唱...................................... 66

◇ヒト胚とその法的保護........................................... 71

1 問題の所在................................................ 71

2 ドイツにおける学説の状況.................................. 74

〔1〕 包括的生命保護説の思想的・法的根拠 (74)

〔2〕 思想的・法的根拠の検討 (77)

〔3〕 Eric Hilgendorfと限定的保護説 (80)

3 段階的保護説の提唱........................................ 86

⑴ 我国の法状況 (87)

⑵ 我国における学説とその検討 (88)

⑶ 段階的保護説の提唱 (89)

◇防御的緊急避難の再検討......................................... 91

1 問題の所在................................................ 91

2 ドイツにおける学説の状況.................................. 96

〔1〕 学説の概観 (96)

⑴ Joachim Hruschkaの一般的ドイツ民法228条類推適用説 (96)

⑵ Arthur Kaufmannの法的に自由な領域説 (100)

⑶ Hans-Ludwig Güntherの真正刑罰的不法阻却説 (101)

⑷ Hartmut Suppertの正当防衛類似説 (102)

⑸ Theodor Lencknerの利益衡量説 (104)

〔2〕 学説の検討 (105)

⑴ Hruschkaの一般的ドイツ民法228条類推適用説の検討 (105)

⑵ Kaufmannの法的に自由な領域説の検討 (107)

⑶ Güntherの真正刑罰的不法阻却説の検討 (108)

⑷ Suppertの正当防衛類似説の検討 (110)

⑸ Lencknerの利益衡量説の検討 (111)

3 危険の源泉と利益衡量説................................... 112

◇責任を欠く者の侵害と正当防衛の制限.......................... 115

1 問題の所在............................................... 115

2 学説とその検討........................................... 118

〔1〕 否 定 説 (118)

⑴ Eberhard Schmidhäuserの経験的妥当性侵害説 (118)

① Schmidhäuserの経験的妥当性侵害説の概説 (118)

② Schmidhäuserの経験的妥当性侵害説の検討 (120)

⑵ Robert Haasの有責侵害説 (122)

① Haasの有責侵害説の概説 (122)

② Haasの有責侵害説の検討 (124)

〔2〕 制 限 説 (126)

⑴ Jürgen Baumannの被要請性説 (126)

① Baumannの被要請性説の概説 (126)

② Baumannの被要請性説の検討 (127)

⑵ Claus Roxinの基本思想援用説 (127)

① Roxinの基本思想援用説の概説 (127)

② Roxinの基本思想援用説の検討 (128)

⑶ Hans Welzelの権利濫用説 (130)

① Welzelの権利濫用説の概説 (130)

② Welzelの権利濫用説の検討 (131)

3 必要性説の提唱........................................... 134

◇違法性の相対性について........................................ 141

1 最高裁判所平成4年6月5日第2小法廷決定と違法性の相対性. 141

2 違法性の本質をめぐる理論状況............................. 143

⑴ 形式的違法性説と実質的違法性説の対立と違法性の相対性 
(143)

⑵ 客観的違法性説と主観的違法性説の対立と違法性の相対性 
(144)

① ドイツにおける理論状況 (144)

② 我国における理論状況 (148)

③ 結果無価値一元論の検討 (149)

④ 行為無価値・結果無価値二元論の検討 (152)

3 行為無価値・結果無価値二元論と違法性の相対性............. 155

◇「自招防衛」と正当防衛の制限
──最高裁判所平成20年5月20日第2小法廷決定................. 159

序  論..................................................... 159

⑴ 事実の概要 (160)

⑵ 問題の所在──第1審から本決定までの主張と判断の経緯 (162)

1 ドイツと日本の自招防衛の問題をめぐる学説と判例........... 164

⑴ ドイツにおける学説・判例の概観 (164)

⑵ 日本の学説・判例 (173)

2 学説・判例の批判的検討................................... 176

結  論─本決定の検討...................................... 181

◇Zur materiellen Legitimation der mutmaßlichen
Einwilligung.............................................. 187

Ⅰ Problemstellung ―Was ist der rechtfertigende Grund der mutmaßlichen Einwilligung? 187

Ⅱ Überblick über das Problemfeld, und seine Prüfung....... 192

Ⅲ Das Selbstbestimmungsrecht als der rechtfertigende Grund der mutmaßlichen Einwilligung 211

◇〔翻訳〕推定的承諾の実体的正当化について.................. 217

Ⅰ 問題提起................................................. 217

1 ドイツ・日本における学説・判例の状況................... 218

2 問題の本質............................................. 220

Ⅱ 学説の概説と検討......................................... 221

1 正当化的緊急避難と社会的相当性の結合説の概説と検討..... 221

2 一元説と多元説の概説と検討............................. 223

a) 一元説としての利益欠缺説の概説と検討 (223)

b) 多元説としての事務管理説の概説と検討 (224)

c) 多元説としての正当化的緊急避難説の概説と検討 (226)

d) 多元説としての許された危険説の概説と検討 (228)

3 多元説としての承諾説の概説と検討....................... 238

Ⅲ 自己決定権説の提唱....................................... 239

 Das Leben als eine Grenze des Selbstbestimmungsrechts......... 245

Ⅰ Problemstellung.......................................... 245

Ⅱ Die theorethische Situation um die Auslegung des §216StGB, und ihre Prüfung 246

Ⅲ Meine Meinung............................................ 259

◇〔翻訳〕 自己決定権の限界としての生命....................... 265

Ⅰ 問題提起................................................. 265

Ⅱ ドイツ刑法216条の解釈をめぐる理論状況.................... 266

1 自殺と嘱託殺人との間にある評価矛盾................... 266

2 ドイツにおける学説状況の外観......................... 268

3 典型的な学説の検討.................................... 270

a) Thomas Weigendの機能的法益説の検討 (270)

b) Norbert Hoesterの後見説の検討 (274)

c) Detlev Sternberg-Liebenの第三者の利益説の検討 (276)

Ⅲ 自説の展開............................................... 279

1 自殺の当罰性について.................................... 279

2 自己決定権の限界としての生命............................ 280

3 自殺と嘱託殺人の間にある評価矛盾の解決策............ 282
 

事項索引(285)



このページのトップへ

内容説明

規範の本質を構成する「当為(sollen)」の検討から命令説を基本的視座とし、違法性の本質を行為無価値、結果無価値の二元論によって構成すべきこと、それ故に、正当化事由の一般原理として新目的説によるべきことを、個別的研究を通じて明快かつ具体的に、論証。

このページのトップへ