【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 立憲国家と憲法変遷

立憲国家と憲法変遷

学術選書 8

立憲国家と憲法変遷

憲法学の基礎概念に関する理論的研究

著者 赤坂 正浩
ジャンル 法律  > 憲法
シリーズ 法律・政治  > 学術選書
出版年月日 2008/05/13
ISBN 9784797254082
判型・ページ数 A5変・640ページ
定価 本体12,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

はしがき

第一部 立憲国家の諸相

Ⅰ 国家法人説とベッケンフェルデのアンシュタルト国家論  3
Ⅱ 立憲主義のドイツ的理解  25
Ⅲ ケルゼンの民主主義論  79
Ⅳ 法治国家と民主制  127
Ⅴ 基本法への環境国家規定の導入  159

第二部 基本権保障の諸問題

Ⅵ 制度保障論と制度的基本権論  183
Ⅶ 制度と自由  243
Ⅷ 基本権の制限と法律の一般性  263
Ⅸ 基本権放棄の観念と自己決定権  287
Ⅹ 人格の自由な発展の権利  309
ⅩⅠ 集会の自由に関する二つの連邦憲法裁判所判決  337

第三部 憲法変遷の観念

ⅩⅡ ビスマルク憲法と憲法変遷論  365
ⅩⅢ ヴァイマル憲法と憲法変遷論  441
ⅩⅣ ボン基本法と憲法変遷論  537
ⅩⅤ 憲法解釈の枠と憲法変遷論  581

初出・原題一覧(巻末)
あとがき(巻末)
事項索引(巻末)
人名索引(巻末)





このページのトップへ

内容説明

ドイツを中心に、憲法理論を比較検討した理論的検討。≪第一部≫では「国家」「立憲主義」「国民主権」といった憲法学の基礎概念に焦点を当て、統治原理に関する研究や国家の役割論・目的論を論ずる。≪第二部≫では、「基本権保障」について、その基礎理論から個別基本権の各論的研究までを論考。個人の自由の実質化・最適化のために憲法の基本権規定はいかに解釈されるべきか、という視点より洞察。≪第三部≫では、時間の経過の中で変転する憲法秩序を、「憲法変遷」概念を精査し、検討。

このページのトップへ

関連書籍

このページのトップへ