【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > されど,アメリカ

されど,アメリカ

されど,アメリカ

私の「自分史」の中で最も幸せな時期だった

著者 長尾 龍一
ジャンル 法律  > 法哲学
シリーズ 法律・政治  > 信山社叢書
出版年月日 1999/07/15
ISBN 9784797251067
判型・ページ数 4-6・290ページ
定価 本体2,700円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

戦前の知識人の多くにとって、「洋行」は一生に一度のことであった。鴎外も漱石も、また例えば穂積八束や美濃部達吉のような法学者もそうである。彼らは青春の一時期に体験した異世界の記憶を生涯温め、丸善から取り寄せる洋書を肥料としてそれを育て続けた。子供たちや弟子たちは、繰り返し繰り返し、同じ思い出話を聞かされた。現在、世界は狭くなり、日本は豊かになった。

このページのトップへ