【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > ケルゼン研究 1

ケルゼン研究 1

ケルゼン研究 1

ハンス・ケルゼンに関する論考をまとめる

著者 長尾 龍一
ジャンル 法律  > 法哲学
シリーズ 法律・政治  > 信山社叢書
出版年月日 1999/10/20
ISBN 9784797251050
判型・ページ数 4-6・458ページ
定価 本体4,200円+税
在庫 在庫あり
 

目次

1 伝記の周辺(ケルゼンの伝記
「危険な思想家」ケルゼン ほか)

2 法理論における真理と価値(「法の純粋理論」の哲学的基礎
「法の純粋理論」の体系と構造)

3 哲学と法学(ケルゼンと民主制
美濃部達吉のケルゼン論 ほか)

4 ケルゼンとシュミット(ハンス・ケルゼンとカール・シュミット
ケルゼン=シュミット比較論雑考 ほか)

このページのトップへ

内容説明

前東京大学教授・現日本大学教授で法哲学・法思想専攻の長尾龍一先生が今日まで研究をすすめてこられたハンス・ケルゼンに関する論考をまとめたもの。この後の研究は本著作集の「ケルゼン研究Ⅱ」に収録される。Ⅰ伝記の周辺、Ⅱ法理論における真理と価値、Ⅲ哲学と法学、Ⅳケルゼンとシュミット

このページのトップへ