【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
ホーム > ケルゼン研究 1

ケルゼン研究 1

ケルゼン研究 1

ハンス・ケルゼンに関する論考をまとめる

著者 長尾 龍一
ジャンル 法律 > 法哲学
シリーズ 法律・政治 > 信山社叢書
出版年月日 1999/10/20
ISBN 9784797251050
判型・ページ数 4-6・458ページ
定価 本体4,200円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

前東京大学教授・現日本大学教授で法哲学・法思想専攻の長尾龍一先生が今日まで研究をすすめてこられたハンス・ケルゼンに関する論考をまとめたもの。この後の研究は本著作集の「ケルゼン研究Ⅱ」に収録される。Ⅰ伝記の周辺、Ⅱ法理論における真理と価値、Ⅲ哲学と法学、Ⅳケルゼンとシュミット

このページのトップへ

関連書籍

法と哲学 第2号

法と哲学 第2号

法と哲学のシナジーによる〈面白き学知〉

 
国際法原理論

国際法原理論

世界平和のための歴史的文献、待望の邦訳

 
 
穂積八束集

穂積八束集

日本近代史に名をとどめた穂積八束の論述集

著者:長尾 龍一
 
オーウェン・ラティモア伝

オーウェン・ラティモア伝

アメリカと極東の歴史を回顧

著者:長尾 龍一
 
 
歴史重箱隅つつき

歴史重箱隅つつき

信山社叢書収録の長尾著作集の一冊

著者:長尾 龍一
 
古代中国思想ノート

古代中国思想ノート

長尾龍一著作集・東洋法思想史編

著者:長尾 龍一
 
 
ケルゼン研究 2

ケルゼン研究 2

「欲善」に眠を奪われなかった法思想家

著者:長尾 龍一
 
植原悦二郎集

植原悦二郎集

日本国憲法研究に必備

 
 
法哲学批判

法哲学批判

若き日の法哲学講義を収録

著者:長尾 龍一
 
されど,アメリカ

されど,アメリカ

私の「自分史」の中で最も幸せな時期だった

著者:長尾 龍一
 
 
法学ことはじめ

法学ことはじめ

人間社会における法の存在理由に接近する

著者:長尾 龍一
 
争う神々

争う神々

真理は1つか?

著者:長尾 龍一
 
 
純粋雑学

純粋雑学

折々の随筆55編を収録

著者:長尾 龍一
 
憲法史の面白さ (対談集)

憲法史の面白さ (対談集)

芦部信喜先生最後の対談

 
 
西洋思想家のアジア

西洋思想家のアジア

西洋の思想家がみたアジア

著者:長尾 龍一
 
思想としての日本憲法史

思想としての日本憲法史

研究の新たな発展に資するために

著者:長尾 龍一
 
 

このページのトップへ