【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 法哲学批判

法哲学批判

法哲学批判

若き日の法哲学講義を収録

著者 長尾 龍一
ジャンル 法律  > 法哲学
シリーズ 法律・政治  > 信山社叢書
出版年月日 1999/10/18
ISBN 9784797251043
判型・ページ数 4-6・414ページ
定価 本体3,900円+税
在庫 在庫あり
 

目次

1 法哲学(法哲学―驚きの体験と解放感;未来の「法哲学」)
2 人間と法(正義論議スケッチ;良心について;ロバート・ノージックと「人生の意味」;内面の自由)
3 生と死(現代文明と「死」;近代思想における死と永生;生命と倫理)
4 日本法哲学論(煩悩としての正義;日本法哲学についてのコメント;碧海先生と弟子たち)
附録 駆け出し期のあれこれ(法哲学的近代法論;日本法哲学史;法哲学講義)

このページのトップへ

内容説明

前東京大学教授、現日本大学教授、法哲学専攻の長尾龍一先生が若き日に行った「法哲学講義」から今日まで論じてこれらた法哲学についての論文集。信山社叢書、長尾龍一著作集の6冊目

このページのトップへ

関連書籍

争う神々
 
純粋雑学
 
 

このページのトップへ