【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 西洋思想家のアジア

西洋思想家のアジア

西洋思想家のアジア

西洋の思想家がみたアジア

著者 長尾 龍一
ジャンル 法律  > 法哲学
シリーズ 法律・政治  > 信山社叢書
出版年月日 1998/07/08
ISBN 9784797251005
判型・ページ数 4-6・320ページ
定価 本体2,900円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

西洋思想家がみたアジアをテーマに、哲学的伝統こそが西洋的伝統の最も普遍的部分であり、他は無批判的に追随すべきでないと主張。西洋的伝統は、ヘブライズムとヘレニズムという文明がローマ帝国を舞台に闘争と妥協を繰り返す中で成立した。この伝統で著者が最も本質的と信じている伝統は、「知と愛」というギリシャ哲学の理想、即ち宗教的・道徳的・政治的要請から独立した「認識」の理想である。

このページのトップへ