【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > ライフズ・ドミニオン─中絶と尊厳死そして個人の自由

ライフズ・ドミニオン─中絶と尊厳死そして個人の自由

ライフズ・ドミニオン─中絶と尊厳死そして個人の自由

生と死をめぐるモラル上の問題-"中絶と尊厳死"について

著者 ロナルド・ドゥオーキン
水谷 英夫
小島 妙子
ジャンル 医学・心理学
法律  > 医事法
法律  > 法哲学
政治・経済  > 政治学
出版年月日 1998/06/30
ISBN 9784797250671
判型・ページ数 A5・504ページ
定価 本体6,400円+税
在庫 在庫あり
 

目次

〔目次〕生命の両端―中絶と安楽死・尊厳死―/中絶のモラリティ/神聖さとは何か?/裁判所における中絶Ⅰ/憲法のドラマ/裁判所における中絶Ⅱ/生と死のはざま(Dying and Living) ―末期医療と尊厳死―/生命と理性の限界―アルツハイマー症―

このページのトップへ

内容説明

現代社会において最も論争の的となっている問題、人々の間を深く切り裂いてきた生命の両端における生と死をめぐるモラル上の問題-"中絶と尊厳死"について考察する。

このページのトップへ

関連書籍

このページのトップへ