【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
ホーム > 日本の安全保障と新国際秩序

日本の安全保障と新国際秩序

憲法と国際社会

日本の安全保障と新国際秩序

自衛隊と21世紀の世界秩序を検討

著者 広瀬 善男
ジャンル 法律 > 国際法/国際関係/国際私法
出版年月日 1997/05/13
ISBN 9784797250114
判型・ページ数 A5・300ページ
定価 本体4,200円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

21世紀の主権国家機能のサービス化現象と企業や民間団体の活動基盤が拡大するコミュニティ化が予測できる。すなわち人権に対する認識が高まり市場法則を基盤とした経済原理、民生価値の世界化・普遍化が促進される。他方多文化社会形成の動因が強まり経済覇権の問題とともに主権国家を基盤とする権力政治との相剋が生じる。こうした世界での予想しうる秩序をどのように把握し、日本は何を行うべきか。国連の平和活動と日米安保条約の最定義、自衛隊の憲法上の位置づけを明確にしながら21世紀の世界秩序を検討。

このページのトップへ

関連書籍

軍縮辞典

軍縮辞典

最新軍縮関連用語の正確な情報源!!

著者:日本軍縮学会
 
 
外交的保護と国家責任の国際法

外交的保護と国家責任の国際法

普遍的基礎理論とその実践動向の考察

著者:広瀬 善男
 
国家・政府の承認と内戦 下─承認法の一般理論

国家・政府の承認と内戦 下─承認法の一般理論

国家・政府承認法の総合的法理の研究

著者:広瀬 善男
 
 
国家・政府の承認と内戦 上─承認法の史的展開

国家・政府の承認と内戦 上─承認法の史的展開

国家・政府承認法の総合的法理の研究

著者:広瀬 善男
 
主権国家制と新世界秩序

主権国家制と新世界秩序

21世紀の主権国家と世界秩序を検討

著者:広瀬 善男
 
 
国連の平和維持活動─国際法と憲法の視座から

国連の平和維持活動─国際法と憲法の視座から

一国平和主義からPKOとどうかかわるか

著者:広瀬 善男
 
力の行使と国際法

力の行使と国際法

国際社会の紛争解決と武力行使

著者:広瀬 善男
 
 

このページのトップへ