【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > ボアソナード論文撰 下 1874-1895年(来日以降)(仏文) ボアソナード博士著作集2

ボアソナード論文撰 下 1874-1895年(来日以降)(仏文) ボアソナード博士著作集2

日本立法資料全集別巻 245

ボアソナード論文撰 下 1874-1895年(来日以降)(仏文) ボアソナード博士著作集2

日本におけるボアソナードの研究業績

著者 G・ボアソナード
ジャンル 法律  > 民法
シリーズ 法律・政治  > 日本立法資料全集【別巻】
出版年月日 2002/11/29
ISBN 9784797247862
判型・ページ数 A5変・512ページ
定価 本体40,000円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

明治6(1873)年に来日したボアソナード(Gustave-Emile Boissonade de Fontarabie 1825-1910)は、日本の滞在22年の間に旧刑法・治罪法・旧民法の起草など日本の法整備に多大に貢献した。来日前はパリ大学教授として教鞭をとり、多くの著作を発表している。来日後における、法律のみならず、様々な分野の著作を収録し、ボアソナードの日本での関心事を辿っている。

このページのトップへ