【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > ローマ法及びフランス法における代金不払による売主の契約解除権(仏語版)

ローマ法及びフランス法における代金不払による売主の契約解除権(仏語版)

日本立法資料全集別巻 243

ローマ法及びフランス法における代金不払による売主の契約解除権(仏語版)

富井政章の仏国博士論文

著者 富井 政章
ジャンル 法律  > 民法
シリーズ 法律・政治  > 日本立法資料全集【別巻】
出版年月日 2003/10/17
ISBN 9784797247848
判型・ページ数 A5変・176ページ
定価 本体14,000円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

富井政章は、民法典論争では施行延期の立場をとったが、フランス法学派の中心的存在であり、東京大学で教鞭をとるかたわら、和仏法律学校(法政大学)の運営にあたり、また、京都法政学校(立命館大学)の初代校長を務めた。梅らとともに旧民法改正作業に従事する。本書は、明治16(1883)年に提出された富井のリヨン大学提出博士論文である。付録として、Etat de la codification au Japon, Communication a la societe de legislation compare, Seance generale du 9 fevrier 1898

このページのトップへ