【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 刑事訴訟法制定資料全集─昭和刑事訴訟法編 2

刑事訴訟法制定資料全集─昭和刑事訴訟法編 2

日本立法資料全集 122

刑事訴訟法制定資料全集─昭和刑事訴訟法編 2

昭和23年刑事訴訟法立法資料関係資料

著者 井上 正仁 編著
渡辺 咲子 編著
田中 開 編著
ジャンル 法律  > 刑事法
シリーズ 法律・政治  > 日本立法資料全集【本巻】
出版年月日 2007/09/21
ISBN 9784797241822
判型・ページ数 菊判変・472ページ
定価 本体40,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

『刑事訴訟法制定資料全集 昭和刑事訴訟法編(2)』(日本立法資料全集122)

   井上正仁(早稲田大学大学院法務研究科教授、東京大学名誉教授)・
   渡辺咲子(明治学院大学法科大学院教授)・
   田中 開(法政大学大学院法務研究科教授) 編著

解説(渡辺咲子)
 一 第二巻収録資料―昭和21年3月から6月まで
 二 第3章収録資料の内容
 三 第四章収録資料の内容

【立法資料】
第1編 昭和20年から21年6月まで―司法法制審議会(臨時法制調査会)発足前―(つづき)
 第3章 昭和21年3月・4月―憲法改正草案と司法制度改革―
〔資料1-1〕仮訳 刑事訴訟法ニ対スル修正意見(連合国総司令部民間情報部保安課法律班)(昭和二一年三月二二日)
〔資料1-2〕刑事訴訟法に対する修正意見(英文)
〔資料2〕刑事訴訟法ニ対スル連合軍総司令部民間情報部保安課法律班ノ修正意見概要(昭和二一年三月二五日)
〔資料3〕刑事訴訟法ニ対スル修正意見(連合軍総司令部民間情報部保安課法律班)中修正箇所(昭和二一年三月二五日)
〔資料4〕GHQ(ヴァレンタイン) の司法警察・検察官・行刑制度についての質問書(昭和二一年三月二六日)
〔資料5〕ヴァレンタイン氏ヨリ司法大臣宛報告依頼書ノ回答案(昭和二一年四月一日)
〔資料6〕陪審法修正提案(民間情報部公安課法律班)(昭和二一年三月ころ)
〔資料7-1〕仮訳 証拠法(連合軍総司令部民間情報部保安課法律班)(昭和二一年四月一日)
〔資料7-2〕証拠法(英文)
〔資料8〕独逸刑事訴訟法中立案の参考となるべき事項
〔資料9〕比律賓憲法(司法関係部分)・比律賓裁判所規則(刑事手続重要部分)抜萃
〔資料10〕極東国際軍事裁判所条例(昭和二一年四月二六日)
〔資料11〕刑事訴訟法改正方針試案(昭和二一年四月三〇日)
第4章 昭和21年5月・6月―臨時司法制度改正準備協議会まで―
〔資料12〕憲法改正に関する民間の草案要綱抄(昭和二一年五月三日)
〔資料13〕新憲法に伴ひ司法に関し本省として態度を決すべき事項(昭和二一年五月二九日)
〔資料14〕新憲法に伴ひ司法に関し本省として態度を決すべき事項(刑事局)(昭和二一年五月三〇日)
〔資料15〕新裁判所構成法要綱試案(大審院)(昭和二一年六月六日)
〔資料16〕日本警察改革に関するヴァレンタイン報告要旨(昭和二一年六月九日)
〔資料17〕憲法改正草案(第三章・第六章抜抄)(昭和二一年六月一〇日)
〔資料18〕憲法草案第六章に対する東京控訴院の意見(昭和二一年六月一二日)
〔資料19〕米国の司法制度に関する資料(一)(昭和二一年六月一一日)
〔資料20〕臨時司法制度改正準備協議会内規・議事規則内規(昭和二一年六月一二日)
〔資料21〕臨時司法制度改正準備協議会職員名簿(昭和二一年六月一二日)
〔資料22〕臨時司法制度改正準備協議会の議案(昭和二一年六月一二日)
〔資料23〕臨時司法制度改正準備協議会第一回総会議席図(昭和二一年六月一三日)
〔資料24〕臨時司法制度改正準備協議会の議案に対する刑事局試案(昭和二一年六月一八日)
〔資料25〕マニスカルコ大尉裁判所構成法修正提案要領(抄)(昭和二一年六月一九日)
〔資料26〕仮訳 裁判所構成法修正提案(連合国総司令部民間情報部保安課法律班)(昭和二一年六月)
〔資料27〕臨時司法制度改正準備協議会の議案に対する弁護士会側の意見(昭和二一年六月二五日)
〔資料28〕新憲法の下に於ける司法制度要綱案(東京民事地方裁判所試案)(昭和二一年六月二四日)
〔資料29〕刑事訴訟法等改正に関する想定問答(昭和二一年六月二五日)
〔資料30〕臨時司法制度改正準備協議会議案に付いての各委員の意見(昭和二一年六月二八日)
〔資料31〕犯罪科学研究所設置に関する会談要旨(昭和二一年六月二九日)
〔資料32〕臨時司法制度改正準備協議会に於ける意見の大要(昭和二一年七月一日)
〔資料33〕警察制度改革試案(未定稿)

このページのトップへ

内容説明

「近年わが刑事手続を取り巻く状況は大きく変化しつつあり、判例や解釈による対応には限界があることが認識されるようになったことから、新たな立法の動きも実現化している。いまその歴史の節目にあたり、わが刑事訴訟法の歩みを立法資料により迫ることにより、先人達の苦労を偲ぶとともに、そこに集積された工夫に学ぼうと思う。」(「刊行の辞」より)。昭和21年3月~6月までの原資料35体を収録。

このページのトップへ

関連書籍

このページのトップへ