【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 環境外交─気候変動交渉とグローバル・ガバナンス

環境外交─気候変動交渉とグローバル・ガバナンス

現代選書

環境外交─気候変動交渉とグローバル・ガバナンス

気候変動交渉からみる国際交渉の力学

著者 加納 雄大
ジャンル 自然科学・環境  > 環境
法律  > 環境法
シリーズ 一般  > 現代選書
出版年月日 2013/06/28
ISBN 9784797233087
判型・ページ数 4-6292ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

 加納雄大 著(外務省総合外交政策局安全保障政策課長)


◆プロローグ ―2009年冬 コペンハーゲン―

◆第1章 気候変動交渉20年:コペンハーゲンへの道
 はじめに
 1 気候変動交渉20年の歴史
  (1) 国連気候変動枠組条約の成立(1990~1992)
  (2) 京都議定書の成立(1995~1997)
  (3) 京都議定書実施ルールの策定と米国の方針転換1998~2001)
  (4) 京都議定書の発効と新たな枠組みの模索(2005~2008)
  (5) オバマ政権発足とコペンハーゲン合意(2009)
 2 国際政治の縮図としての気候変動交渉
  (1) 気候変動問題の国際枠組みを巡る各国の立場
  (2) 武器なき環境戦争:気候変動交渉は21世紀型の総力戦
 コラム① 横文字略語の飛び交う気候変動交渉

◆第2章 カンクンCOP16:京都議定書「延長」問題を巡る攻防
 はじめに
 1 主要各国にとってのコペンハーゲンCOP15の意味
 2 年前半(1月~ 5月)の動き
  (1) マルチラテラリズムの立て直し
  (2) 国際交渉の動き
  (3) 日本政府の対応
 3 年後半(6月~11月)の動き
  (1) 国際交渉の動き
  (2) 主要各国の対応
  (3) 日本政府の対応
 4 COP16本番
  (1) 第1週(2010年11月29日~12月5日)
  (2) 第2週(2010年12月6日~11日)
 5 COP16の結果(カンクン合意)
 6 所  感
 コラム② COPの開催地について

◆第3章 「3/11」の衝撃とダーバンCOP17:“Down but not out”
 はじめに
 1 「3/11」前
 2 「3/11」後
  (1) 日本の対応:攻めの姿勢の維持
  (2) 議長国南アフリカとの協議
 3 夏以降本番直前まで(9月~11月)
  (1) 日本の立場の対外発信
  (2) 小島嶼国,アフリカ,EU への働きかけ
  (3) 国内プロセス
 4 COP17本番
  (1) 第1週(2011年11月28日~12月3日)
  (2) 第2週(2011年12月5日~11日)
 5 COP17の結果(ダーバン合意)
  (1) 成果の概要
  (2) 各国にとっての意味
  (3) 日本にとっての意味
 6 所  感
 補論:ドーハCOP18についての若干の考察と所感
 コラム③ 各国気候変動交渉官の横顔

◆第4章 気候変動交渉の舞台裏
 はじめに
 1 気候変動交渉の1年
  (1) COP本番第1週(11月末~12月第1週)
  (2) COP本番第2週(12月第2週)
  (3) COP終了
  (4) 交渉序盤:東京会合(3月)
  (5) 交渉中盤:国連交渉(4月~8月)
  (6) 交渉中盤:国連以外の会合(4月~8月)
  (7) 国連総会(9月)
  (8) 交渉終盤:プレCOP など(10月~11月)
 2 Who's Who in climate change negotiation:気候変動交渉のプレーヤー達
  (1) 市民社会(NGO)
  (2) メディア,経済界,各国議会関係者など
  (3) 各国政府代表団
 コラム④ COPの風物詩?「化石賞」イベント

◆第5章 「悪魔は細部に宿る」:気候変動交渉の修辞学
 はじめに
 1 COP15:コペンハーゲン合意ハイライト
  (1) 先進国の排出削減目標
  (2) 途上国の緩和行動
 2 COP16:カンクン合意ハイライト
  (1) COP決定とCMP決定
  (2) 各国の目標の固定(anchor)
 3 COP17:ダーバン合意ハイライト
  (1) 将来枠組みの設定に向けたプロセス
  (2) 京都議定書「延長」に向けた合意
 コラム⑤ 気候変動交渉シミュレーション

◆第6章 ポスト「リオ・京都体制」を目指して
 はじめに
 1 外交の主要課題としての気候変動問題
  (1) 第1の理由:「マルチの中のマルチ」外交としての気候変動交渉
  (2) 第2の理由:複数の政策分野にわたる交渉
  (3) 第3の理由:様々なステークホルダーの参画
  (4) 第4の理由:科学,イデオロギーの役割
  (5) ま と め
 2 「リオ・京都体制」の限界:主要国の問題と日本の課題
  (1) 「米国問題」―自国を制約する国際枠組みに対する抵抗感―
  (2) 「中印問題」―欧米主導の既存の国際枠組みに対する不信感―
  (3) 「欧州問題」―欧州ルールを世界に拡大しようとする焦燥感―
  (4) ま と め
 3 気候変動問題対処のためのグローバル・ガバナンス:3つの視点
  (1) 長期的な(long term)視点
  (2) グローバルな(global)視点
  (3) 実際的な(pragmatic)視点
 4 気候変動対策における様々なアプローチ
 5 ま と め
 コラム⑥ 東アジア低炭素成長パートナーシップ

◆第7章 ポスト「リオ・京都体制」と日本
 はじめに
 1 ポスト「リオ・京都体制」のイメージ
  (1) 全ての国に適用される(applicable to all Parties)こと
  (2) 法的拘束力(legally binding)のあり方
  (3) 透明性(transparency)
  (4) 長期目標との整合性の確保
  (5) 重層的構造(multi-layered structure)
  (6) 資金,技術,市場の総動員による実際的協力の推進
 2 日本の提案:「世界低炭素成長ビジョン」
 3 日本の取り組み(1):東アジア低炭素成長パートナーシップ
 4 日本の取り組み(2):アフリカにおける低炭素成長・気候変動に強靱な開発戦略
 5 日本の取り組み(3):2国間オフセット・クレジット制度
 6 日本の取り組み(4):切れ目ない排出削減と途上国支援
  (1) 排出削減目標
  (2) 途上国支援
 コラム⑦ 2国間オフセット・クレジット制度はモンゴルからスタート

◆エピローグ ―2013年初夏 東京―

【資料】コペンハーゲン合意(全文)
参考文献
索  引

このページのトップへ

内容説明

外交力、資金力、技術力など様々な手段を駆使して、駆け引きが繰り広げられる「気候変動交渉」。近年の気候変動交渉を臨場感を持って紹介し、外交戦略の実態に迫る。国際社会の構造変化と、あるべき将来の国際枠組みの全体像について考察した一冊。

このページのトップへ

関連書籍

このページのトップへ