【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 国際人権を生きる

国際人権を生きる

国際人権を生きる

人権への期待を込めた実践の書。

著者 阿部 浩己
ジャンル 法律  > 国際法/国際関係/国際私法
出版年月日 2014/07/31
ISBN 9784797232875
判型・ページ数 4-6360ページ
定価 本体3,600円+税
在庫 在庫あり
 

目次

  『国際人権を生きる』

  阿部浩己(神奈川大学法科大学院教授) 著

【目  次】

は じ め に

Ⅰ ジェンダーの視座
 1  女性差別撤廃条約とフェミニスト・アプローチ
 2  国際人権法におけるジェンダー
 3  三つの認識ギャップ ――定期報告審査、「慰安婦」問題、個人通報制度

Ⅱ 難民・無国籍者・外国人へのまなざし
 4  「難民」をみる視点
 5  難民問題に臨む
 6  無国籍、人権、国際法
 7  多文化主義と越境する人間たち
 8  朝鮮学校の排除と人種主義
 9  〈書評〉『非正規滞在者と在留特別許可 ――移住者たちの過去・現在・未来』
    (近藤敦・塩原良和・鈴木江里子編著、日本評論社、二〇一〇年)
 10  〈書評〉『国際難民法の理論とその国内的適用』(本間浩著、現代人文社、二〇〇五年)
 11  遍在化する境界と難民の認定

Ⅲ 世界の中で
 12  グローバル化と世界人権宣言 ――「もう一つの世界」へ
 13  死刑廃止条約発効後の二〇年 ――世界はどのように変化したか
 14  緊急事態における人権保障 ――国際法の視座
 15  憲法九条への国際法の水脈 ――「殺される側」のまなざし
 16  国家領域のポリティクス ――尖閣諸島問題と、継続する植民地主義
 17  パレスチナの民族浄化と国際法

Ⅳ 実務の中へ
 18  国際法判例の学び方
 19  国際義務の射程 ――フィリピン人一家退去強制事件の遠景
 20  日韓請求権協定・仲裁への道 ――国際法の隘路をたどる

おわりに ――国際法と人権についての一つのエピソード

索  引(巻末)

このページのトップへ

内容説明

人権への期待を込めた実践の書。ジェンダー、外国人、平和、裁判、etc.の面から、社会変革をもとめて市民的眼差しから国際法の可能性を探る。

このページのトップへ

関連書籍

このページのトップへ