【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > パリテの論理 ― 男女共同参画の技法

パリテの論理 ― 男女共同参画の技法

パリテの論理 ― 男女共同参画の技法

なぜ女性がいないのか、答えられますか

著者 糠塚 康江
ジャンル 法律  > 憲法
出版年月日 2005/11/22
ISBN 9784797232356
判型・ページ数 4-6・280ページ
定価 本体3,200円+税
在庫 在庫あり
 

目次

◇第Ⅰ部 フランスにおけるパリテの挑戦

・第1章 女性不在の共和制
・第2章 1999年7月8日憲法改正
・第3章 パリテの制度設計
・第4章 パリテ法の実施とその評価

◇第Ⅱ部 平等の論理とパリテの論理

・第5章 フランスにおける平等原則
・第6章 フランスにおける男女平等とパリテ
・終章 パリテが提起する普遍主義的憲法学の課題
・補遺 モスュ=ラヴォとの対話

このページのトップへ

内容説明

来客時、母親が一人で台所を行き来し、食卓にいない、という経験は日本人には当たり前であろうか。そんな著者の疑問に通じる「パリテ」(=男女同数制)の論理の本質に迫る。第一部でフランスにおける導入の背景、憲法改正過程、法制度、選挙状況の分析、第二部で平等原則とパリテとの関わりを理論的に位置づけする。ジェンダー論を新たな視点で語る。政治・法律・文化などを学ぶ人々のための必読書。

このページのトップへ

関連書籍

このページのトップへ