【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 現代民事法学の構想 ─ 内山尚三先生追悼

現代民事法学の構想 ─ 内山尚三先生追悼

現代民事法学の構想 ─ 内山尚三先生追悼

全20論文、研究者・実務家必読の書

著者 下森 定 編集代表
須永 醇 編集委員
堀田 泰司 編集委員
片桐 善衛 編集委員
山口 康夫 編集委員
岡 孝 編集委員
宮本 健蔵 編集委員
ジャンル 法律  > 民法
出版年月日 2004/11/19
ISBN 9784797231885
判型・ページ数 A5変・728ページ
定価 本体16,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

「日常生活ニ関スル行為」の法理 / 須永醇
「相手方による錯誤の認識」要件の自足性 / 小林一俊
職務発明における相当対価請求権の消滅時効の起算点 / 下森定
マンション・専用使用権を巡る裁判例の検討 / 片桐善衛
請負契約・製作物供給契約と動産売買先取特権 / 今尾真
賃料に対する抵当権者の物上代位について / 堀田泰司
共同抵当における異時配当の問題点 / 仁瓶五郎
譲渡担保権に関する近時の重要判例をめぐって / 竹内俊雄
集合将来債権譲渡担保契約の効力 / 高須順一
不動産の証券化・流動化 / 鳥谷部茂
処分授権概念の有用性 / 安達三季生
建設請負契約の成立に関する若干の問題について / 山口康夫
ドイツ債務法現代化法における請負契約法上の若干の問題 / 岡孝
元請企業の下請労働者に対する安全配慮義務 / 宮本健蔵
遺留分の保全 / 柳澤秀吉
個別労働紛争解決促進法 / 堺鉱二郎
下北村落におけるオヤコ慣行 / 林研三
法社会学への誘い / 春田一夫
知識社会下の電子商取引の経済学的分析 / 近勝彦
特許法と著作権法における雇用関係規定の場所的適用範囲 / 土井輝生

このページのトップへ

内容説明

内山尚三先生は、東京大学で、丸山真男ゼミ、川島武宜ゼミを通じて、法社会学と法解釈学、理論と実務との相関関係を意識して研究に取りくまれた。その教えを発展させるべく、先生に縁(ゆかり)のある研究者が、これからの民事法学を考察する。全20論文を掲載した研究者・実務家必読の書。

このページのトップへ

関連書籍

このページのトップへ