【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 保護義務としての基本権

保護義務としての基本権

保護義務としての基本権

日本で行なった講演と、論文の翻訳をまとめ解説を付す

著者 ヨーゼフ・イーゼンゼー
ドイツ憲法判例研究会 編訳
栗城 壽夫 編集代表
戸波 江二 編集代表
嶋崎 健太郎 編集代表
ジャンル 法律  > 憲法
出版年月日 2003/09/03
ISBN 9784797230932
判型・ページ数 A5変・608ページ
定価 本体12,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

1 解釈者のエートスについて―規範解釈の主観的要素とその立憲国家への包含
2 防禦権としての基本権
3 保護義務としての基本権
4 意見表明の自由の統制下における名誉保護
5 基本権解釈による聖像破壊―連邦憲法裁判所・磔刑像決定
6 契約自由と基本権―憲法を規準とした契約の内容統制
7 連邦憲法裁判所よ、いずこへ
8 法的および前法的な統一体としての国民(Volk)―民主主義と国民国家の相互関係について
9 国民の憲法制定権力―民主的神話
10 立憲国家の基本概念としての連帯
ヨーゼフ・イーゼンゼーの憲法理論

このページのトップへ

内容説明

イーゼンゼー教授が日本を訪れた際各地で行った講演と既発表論文の翻訳である。第1章解釈者のエートスほか日本での講演を第1類型とし、第2の類型は、日本での講演ではなかった既発表論文で編者が日本でも関心がもたれているアクチュアルなテーマを選び翻訳した。第3類型は、前二類型の中間に位置するもので日本での講演をもとにしているが、大幅な追加翻訳を行ったものである。

このページのトップへ