【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 日独憲法学の創造力 下─栗城壽夫先生古稀記念

日独憲法学の創造力 下─栗城壽夫先生古稀記念

日独憲法学の創造力 下─栗城壽夫先生古稀記念

核心に迫る論題から最新の問題まで

著者 樋口 陽一 編集代表
上村 貞美 編集代表
戸波 江二 編集代表
ジャンル 法律  > 憲法
出版年月日 2003/10/08
ISBN 9784797230741
判型・ページ数 菊判変・784ページ
定価 本体23,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

◆憲法の理論と制度

外国人の地方選挙権 / 上村貞美 著
国家目的と警察 / 石村修 著
「安全」に関する憲法学的一考察 / 西浦公 著
法治国家と民主制・覚書き / 赤坂正浩 著
時間・憲法・憲法の現実化 / 玉蟲由樹 著
韓国立憲国家論の源流 / 國分典子 著
直接立法一考察 / 網中政機 著
司法改革の課題 / 平松毅 著
ペーター・ヘーベルレの憲法裁判論 / 畑尻剛 著
憲法改正の違憲審査 / 工藤達朗 著
ドイツ連邦憲法裁判所による司法事実審査について / 川又伸彦 著
「関係人」概念を通してみるドイツの連邦憲法裁判所 / 光田督良 著
憲法裁判における「訴えの利益」 / 宮地基 著
スペインおよびポルトガルの憲法裁判 / 永田秀樹 著
欧州人権裁判所判決の国内法的効力 / 門田孝 著
ドイツにおける議会財政権について / 甲斐素直 著
地方議会の自律権の再検討 / 駒林良則 著
「環境保護の国家目標規定(基本法二〇a条)」の解釈論の一断面 / 岡田俊幸 著
日米地位協定の立憲的統制 / 高作正博 著
ドイツ環境法における「統合的環境保護」について / 神橋一彦 著
「行政主体」の概念に関する若干の整理 / 藤田宙靖 著

〈特別寄稿〉
.Zur Geschichte des Offentlichen Rechts an der Freiburger Rechtsfakultat / Alexander Hollerbach 著

(訳)フライブルク法学部の公法学の歴史について / アレクサンダー・ホラーバッハ 著 須賀博志 訳

Der offene Verfassungsstaat als Staatstyp der Gegenwart / Rainer Wahl 著

(訳)現代の国家タイプとしての開かれた立憲国家 / ライナー・ヴァール 著 浅川千尋 訳

Moglichkeiten und Grenzen der Zusammenarbeit nationaler Wissenschaftlergemeinschaften in Sachen Verfassungsstaat / Peter Haberle 著

(訳)立憲国家という事柄における各国の学者共同体の共同作業の可能性と限界 / ペーター・ヘーベルレ 著 三宅雄彦 訳

Souveranitat und Konstitutionalitat in verfassungstheoretischer und verfassungsgeschichtlicher Perspektive / Dieter Wyduckel 著

(訳)主権と立憲性の憲法理論的・憲法史的展望 / ディーター・ヴィドゥッケル 著 渡辺洋 訳

このページのトップへ

内容説明

ドイツの憲法と憲法思想・憲法学についての洞察を中心として組み立てられてきた栗城壽夫教授の学問上の営為。その学風は、着実さを期す論証と抑制された筆致に徹し、読み手の知的想像力を刺激せずにはいない。その教授の古稀を祝うにふさわしく国内外から多数の研究者が寄稿。憲法学の核心問題に迫るものから、最新の論題まで計49の論考が揃う(独語論文には翻訳付)。下巻には、「憲法の理論と制度」「特別寄稿(独語論文と翻訳)」を収録。

このページのトップへ

関連書籍

このページのトップへ