【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 国際人権 25号(2014年報)

国際人権 25号(2014年報)

国際人権 25号(2014年報)

国際裁判所と国内裁判所の「対話」

著者 国際人権法学会
ジャンル 法律  > 国際法/国際関係/国際私法
シリーズ 学会誌
出版年月日 2014/11/11
ISBN 9784797226942
判型・ページ数 B5変
定価 本体3,200円+税
在庫 在庫あり
 

目次

 国際人権法学会 編


〈特別寄稿〉
 国際裁判所と国内裁判所との対話 ―ヨーロッパ人権裁判所の場合〔ジャン・ポール コスタ (建石真公子 訳)〕
 グローバル社会の中の日本の最高裁判所とその課題 ―裁判官の国際的対話〔泉 徳治〕

〈論  説〉
 国際人権法における「補完性原則」の意義 ―序論的考察〔北村泰三〕
 「人権」と法のヒエラルヒー〔石埼 学〕

〈特集1 グローバル・プロセスとしての国際人権法 ―国際裁判所と国内裁判所の「対話」を契機として〉
 企画趣旨〔江島晶子〕
 国際人権保障をめぐる裁判官の対話司法的ネットワークの現状と課題〔伊藤洋一〕
 国際人権の視点が国内司法・立法に果す役割
  ―成年被後見人の選挙権を裁判を通じて獲得した経過について〔杉浦ひとみ〕
 国際人権条約と国内法ネットワークの自己組織化
  ―障害者差別解消法の成立を契機として〔棟居快行〕

〈特集2 国際人権判例分析〉
 国際人権法と国家公務員の政治的自由 ―国家公務員法違反事件をもとに〔枝川充志〕
 コメント:国際人権法と国家公務員の政治的自由:国家公務員法違反事件をもとに
  ―最高裁第2小法廷2012(平成24)年12月7日判決〔戸田五郎〕
 受刑者選挙権訴訟について ―大阪地裁2013(平成25)年2月6日判決・大阪高裁2013(平成25)年9月27日判決〔大川一夫〕
 コメント:受刑者選挙権訴訟について大阪高裁2013(平成25)年9月27日判決〔河合正雄〕
 死刑確定者と再審請求弁護人との接見妨害に関する判例 ―広島高裁2012(平成24)年1月27日判決〔大植 伸〕
 死刑確定者と再審請求弁護人との接見交通の秘密性
  ―広島高判2012(平成24)年1月27日に関する報告へのコメント〔三島 聡〕

〈国際人権機関・国内人権機関報告〉
 日本の人権外交〔山中 修〕
 「平和に対する権利宣言案」の作業が示す諮問委員会の課題〔坂元茂樹〕
 社会権規約第3回定期報告書審査の概要と今後の課題〔棟居徳子・芝池俊輝〕
 オンブズマンの再編(オーストリア) ―OPCAT(拷問等禁止条約選択議定書)発効を契機として〔今村哲也〕

〈公募論文〉
 人種差別撤廃委員会による実効的な国際的実施制度の模索
  ―人種差別撤廃条約の下の早期警報・緊急行動手続をめぐって〔中村江里加〕

〈インタレストグループ報告〉
 国際刑事裁判所に関する研究〔東澤 靖〕
 人権指標に関する研究〔棟居徳子〕
 多層的人権保障システム下での憲法の国際化/国際法の憲法化〔建石真公子〕

〈判例紹介〉
 成年被後見人は選挙権を有しないとする公選法11条1項1号の合憲性
  (東京地方裁判所 2013(平成25)年3月14日判決・判時2178号3頁)〔糠塚康江〕
 裁量審査における在留特別許可ガイドライン,社会権規約の位置づけ
   ―治療継続を求めるがん患者に対する強制退去取消事件
  (名古屋高等裁判所 2013(平成25)年6月27日判決・裁判所HP)〔宮崎 真〕
 私人間の差別行為と人種差別撤廃条約の国内適用 ―街頭宣伝差止め等請求事件
  (京都地方裁判所 2013(平成25)年10月7日判決・判時2208号74頁〔齋藤民徒〕
 難民申請者の全件収容と自由権規約 ―オーストラリアの個人通報ケースをめぐって
  (A.自由権規約委員会 2013年7月26日見解, B.自由権規約委員会 2013年7月25日見解)〔新津久美子〕
 国連のイラク制裁決議の実施義務とヨーロッパ人権条約の違反
   ―Al-Dulimiほか対スイス事件(ヨーロッパ人権裁判所(小法廷) 2013年11月26日判決)〔加藤 陽〕
 疾病に起因する障害に基づく間接差別 ―Rink事件及びSkouboe Werge事件
  (EU司法裁判所第2小法廷 2013年4月11日判決)〔李 嘉永〕

〈書 評〉
 東澤靖著『国際刑事裁判所と人権保障』(信山社,2013年)〔阿部浩己〕
 山口直也著『少年司法と国際人権』(成文堂,2013年)〔金子匡良〕

〈資 料〉
 国際人権法主要文献目録(2013年)〔杉木志帆〕
 国際人権法主要国内判例書誌情報(1)〔河合正雄〕
 2014年国際人権法学会報 IHRLA REPORT ’14〔事務局〕
 編集後記・設立趣意書・会則・役員

このページのトップへ

内容説明

〈特別寄稿〉国際裁判所と国際裁判所の対話(ジャン=ポール・コスタ),グローバル社会の中の日本の最高裁判所とその課題(泉徳治)/〈論説〉北村泰三・石埼学/特集1グローバル・プロセスとしての国際人権法-国際裁判所と国内裁判所の「対話」を契機として/特集2国際人権判例分析/国際人権機関・国内人権機関報告/公募論文/インタレストグループ報告/判例紹介6件/書評2件ほか

このページのトップへ

関連書籍

このページのトップへ