【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > オットー・フォン・ギールケ ドイツ団体法論 第1巻 〔翻訳第2分冊〕

オットー・フォン・ギールケ ドイツ団体法論 第1巻 〔翻訳第2分冊〕

ドイツゲノッセンシャフト法史 第2分冊

オットー・フォン・ギールケ ドイツ団体法論 第1巻 〔翻訳第2分冊〕

ドイツ団体法論第1巻の本邦初の完訳

著者 庄子 良男
オットー・フォン・ギールケ
ジャンル 法律  > 民法
法律  > 法制史
法律  > 外国法/比較法
法律  > 法社会学
出版年月日 2014/09/26
ISBN 9784797226461
判型・ページ数 A5変・560ページ
定価 本体14,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

『ドイツ団体法論 第1巻 ドイツゲノッセンシャフト法史 〈翻訳第2分冊〉』

オットー・フォン・ギールケ 著
  庄子良男(駿河台大学法科大学院教授) 訳


【翻訳第2分冊】

第三期 一二〇〇年ないし一五二五年

  第三十二章 アイヌング制度の意義【S.296】

A ゲノッセンシャフトとしての諸都市
  第三十三章 ドイツの諸都市制度の意義と地位【S.300】
  第三十四章 ゲノッセンシャフトの継続的形成としての諸都市の組織体制【S.310】

B 市民的な諸ゲノッセンシャフト
  第三十五章 ビュルガーシャフトの特殊なゲマインデへの編成【S.332】
  第三十六章 諸氏族の諸ギルド【S.339】
  第三十七章 商人の諸ギルド【S.344】
  第三十八章 手工業者の諸ゲノッセンシャフト、自由なツンフト制度【S.358】

C アイヌング制度の家族とくに貴族における家族への影響
  第三十九章 農民的な氏族ケルパーシャフト・上級貴族の家族ゲノッセンシャフト・下級貴族における家族【S.409】

D 聖職者および学者の諸ゲノッセンシャフト
  第四十章 聖職者の諸ゲノッセンシャフト【S.426】
  第四十一章 学者の諸ゲマインハイト【S.437】
  第四十二章 職業の諸ゲノッセンシャフトと職業の諸階級【S.439】
  第四十三章 個々の諸目的のための諸ゲノッセンシャフト【S.450】

F 政治的なアイヌング制度
  第四十四章 政治的なアイヌング制度一般【S.457】
  第四十五章 都市諸同盟【S.463】
  第四十六章 貴族諸同盟、騎士諸ゲゼルシャフト、僧侶たちの諸ウニオンおよび農民諸アイヌング【S.487】
  第四十七章 ラント平和諸同盟【S.501】
  第四十八章 アイヌングとしての帝国【S.508】

G アイヌング制度の領邦諸国家の形成への影響
  第四十九章 諸ランデスゲマインデ【S.514】
  第五十章 同盟国家的な諸形成【S.530】
  第五十一章 ラント諸階級の諸ケルパーシャフト【S.534】

H ラント的ゲノッセンシャフト制度
  第五十二章 アイヌング制度と諸ラントゲマインデ【S.581】
  第五十三章 ラント的諸ゲノッセンシャフト【S.585】

【以上、第2分冊】

このページのトップへ

内容説明

本書は、オットー・フォン・ギールケ(1841-1921)の『ドイツ団体法論』(全4巻)のうちの第1巻『ドイツゲノッセンシャフト法史』(1868年刊)を全4分冊で刊行する本邦初の完全訳である。本書は、全70章で構成されており、さらに全4巻の「まえがき」とギールケ「株式会社法論」、シュトゥッツ「オットー・フォン・ギールケの思い出」を附録とし、訳者解説、索引を収める。本書は全4分冊のうちの第2分冊。

このページのトップへ

関連書籍

このページのトップへ