【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 国際人権 21号(2010年報)

国際人権 21号(2010年報)

国際人権 21号(2010年報)

多民族・多文化社会と国際人権法

著者 国際人権法学会
ジャンル 法律  > 国際法/国際関係/国際私法
法律  > 憲法
法律  > 民法
シリーズ 学会誌
出版年月日 2010/10/28
ISBN 9784797225914
判型・ページ数 B5変184ページ
定価 本体3,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

『国際人権法学会2010 年報 国際人権 Human Rights International No. 21』

 国際人権法学会 編

【内容目次 Contents】

〈論 説〉
勾留決定・審査手続の対審化と国際人権法 …葛野尋之(3)
障碍をもつ人の権利に関する条約――憲法と国際人権法の対話 …青柳幸一(10)
女性差別撤廃条約の実効性確保とNGO の役割 …山下泰子(15)
「同一価値労働同一賃金原則」実施の手法を考える …浅倉むつ子(32)

〈特集1 多民族・多文化社会における国際人権法の可能性〉
多文化社会の意味するもの …近藤 敦(38)
国際人権をめぐる法と文化 …齋藤民徒(44)
外国人刑事裁判における異文化問題と通訳 …水野真木子(50)
マイノリティの権利としての母語学習と民族教育――日本の現状と国際人権基準 …元百合子(56)
アイヌ民族の先住権の行方 …苑原俊明(62)
座長コメント …山元 一・山崎公士(66)

〈特集2 国際人権判例分析〉
自衛隊イラク派兵差止訴訟――名古屋高裁2008(平成20)年4月17日判決 …川口 創(69)
平和的生存権と国際人権法――自衛隊イラク派兵差止訴訟における「基底的権利」保護をめぐって …建石真公子(73)
カルデロン事件が明らかにしたもの――最高裁第2小法廷2008(平成20)年9月26日決定
…渡辺彰悟(80)
フィリピン人一家退去強制事件・コメント――最高裁第2小法廷2008(平成20)年9月26日決定
…馬場里美(86)
生存権(生活保護変更決定取消請求事件)について―東京地裁2008(平成20)年6月26日判決ほか
…渕上 隆(91)

〈国際人権機関の活動〉
自由権規約委員会の監視活動の展開 …岩沢雄司(95)
女性差別撤廃条約―30 年目の成果と課題 …林 陽子(100)
ILO 専門家委員会の監視活動と国連人権機関との連携 … 横田洋三(104)
国際人権理事会諮問委員会――「 再検討」作業を前にして …坂元茂樹(108)
日本の人権外交 …大場雄一(113)

〈インタレストグループ報告〉
「先住民族の権利」研究 …上村英明(117)
外国人の出入国と在留をめぐる法制度とその運用に関する比較研究 …門田 孝(117)
国際刑事裁判所に関する研究 …東澤 靖(118)

〈判例紹介〉
国際刑事裁判所における逮捕状発付のための「信ずるに足りる合理的な理由」の証明基準
――バシル事件(国際刑事裁判所上訴裁判部2010年2月3日判決) … 坂本一也(119)
環境問題と少数者の文化を享受する権利
――ポマ対ペルー事件(自由権規約委員会2009年3月27日見解) …立松美也子(122)
平和維持活動に派遣された締約国軍隊の行為に対する欧州人権裁判所の人的管轄権
――ベーラミ対フランス及びサラマチ対フランス,ドイツ及びノルウェー
(ヨーロッパ人権裁判所大法廷 2007年5月2日決定) …薬師寺公夫(125)

〈書 評〉
辻村みよ子著『憲法とジェンダー ――男女共同参画と多文化共生への展望』(有斐閣,2009 年) …中里見博(129)
孝忠延夫著『「マイノリティ」へのこだわりと憲法学』(関西大学出版部,2010 年) … 稲 正樹(131)
新井信之著『外国人の退去強制と合衆国憲法―国家主権の法理論』(有信堂高文社,2008 年) … 高佐智美(133)
山下泰子著『女性差別撤廃条約と日本』(尚学社,2010 年) …谷口洋幸(135)
申惠丰著『人権条約の現代的展開』(信山社,2009 年) …戸田五郎(137)
押村高著『国際正義の論理』(講談社,2008 年) …横田洋三(139)

〈資 料〉
国際人権法主要文献目録(2009 年) …山本哲史(141)
日本における国際人権訴訟主要判例一覧(8) …前田直子(170)
2010 年国際人権法学会報IHRLA REPORT ’10 …事務局(181)


編集後記・設立趣意書・会則・役員

このページのトップへ

内容説明

<論説>勾留決定・審査手続(葛野尋之)障碍をもつ人の権利(青柳幸一)女性差別撤廃条約(山下泰子)同一賃金労働同一賃金原則(浅倉むつ子)/<特集1>多民族・多文化社会における国際人権法の可能性/<特集2>国際人権判例分析/<国際人権機関の活動・インタレストグループ報告・判例紹介・書評>/<資料>国際人権主要文献目録・主要判例一覧ほか

このページのトップへ

関連書籍

このページのトップへ