【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > プロセス演習 憲法(第4版)

プロセス演習 憲法(第4版)

プロセス演習 憲法(第4版)

法科大学院用憲法教材の第4版

著者 LS憲法研究会
棟居 快行 編集代表
工藤 達朗 編集代表
小山 剛 編集代表
ジャンル 法律  > 憲法
シリーズ 法律・政治  > プロセスシリーズ
出版年月日 2012/03/30
ISBN 9784797225860
判型・ページ数 B5680ページ
定価 本体5,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

  LS憲法研究会 編
  編集代表 棟居快行(大阪大学大学院高等司法研究科教授)
       工藤達朗(中央大学大学院法務研究科教授)
       小山  剛(慶應義塾大学法学部・大学院法務研究科教授)

 第4版はしがき

  ◇精神的自由◇

1 私的団体の強制加入性と構成員の人権〔大津 浩〕……………………1
 Part I 基本となる素材――南九州税理士会政治献金事件(最高裁平成8年3月19日第三小法廷判決)(1)
 Part IV もう1つの素材――国労広島地本事件(最高裁昭和50年11月28日第三小法廷判決)(16)
2 信教の自由と法令上の義務〔駒村圭吾〕……………………22
 Part I 基本となる素材――エホバの証人剣道実技受講拒否事件(最高裁平成8年3月8日第二小法廷判決)(22)
 Part IV もう1つの素材――君が代ピアノ伴奏職務命令拒否戒告処分取消請求事件上告審判決
(最高裁平成19年2月27日第三小法廷決定)(40)
3 政教分離の原則1〔赤坂正浩〕……………………46
 Part I 基本となる素材――津地鎮祭事件(最高裁昭和52年7月13日大法廷判決)(46)
 Part IV もう1つの素材――箕面忠魂碑・慰霊祭訴訟(最高裁平成5年2月16日第三小法廷判決)(59)
4 政教分離の原則2〔大沢秀介〕……………………63
 Part I 基本となる素材――愛媛玉串料訴訟(最高裁平成9年4月2日大法廷判決)(63)
 Part IV もう1つの素材――砂川神社事件(最高裁平成22年1月20日大法廷判決)(79)
5 わいせつ表現の概念〔棟居快行〕……………………86
 Part I 基本となる素材――「悪徳の栄え」事件(最高裁昭和44年10月15日大法廷判決)(86)
 Part IV もう1つの素材――四畳半襖の下張事件(最高裁昭和55年11月28日第二小法廷判決)(94)
6 表現の自由とパブリック・フォーラム〔山元 一〕……………………100
 Part I 基本となる素材――大分県屋外広告物条例事件(最高裁昭和62年3月3日第三小法廷判決)(100)
 Part IV もう1つの素材――駅構内でのビラ配布と表現の自由(最高裁昭和59年12月18日第三小法廷判決)(112)
7 表現の自由と人格的利益〔棟居快行〕……………………116
 Part I 基本となる素材――「石に泳ぐ魚」出版差止請求事件(最高裁平成14年9月24日第三小法廷判決)(116)
 Part IV もう1つの素材――ノンフィクション『逆転』事件(最高裁平成6年2月8日第三小法廷判決)(127)
8 表現の自由と名誉保護〔鈴木秀美〕……………………132
 Part I 基本となる素材――「夕刊和歌山時事」事件(最高裁昭和44年6月25日大法廷判決)(132)
 Part IV もう1つの素材――ニフティサーブ事件(東京高裁平成13年9月5日判決)(142)
9 表現の自由と青少年保護〔鈴木秀美〕……………………148
 Part I 基本となる素材――少年通り魔実名報道損害賠償請求事件(大阪高裁平成12年2月29日判決)(148)
 Part IV もう1つの素材――岐阜県青少年保護育成条例事件(最高裁平成元年9月19日第三小法廷判決)(160)
10 名誉毀損と事前差止め〔笹田栄司〕……………………165
 Part I 基本となる素材――北方ジャーナル事件(最高裁昭和61年6月11日大法廷判決)(165)
 Part IV もう1つの素材――「ジャニーズおっかけマップ・スペシャル」出版・販売等差止請求事件
(東京地裁平成10年11月30日判決)(174)
11 憲法21条と比較衡量〔駒村圭吾〕……………………179
 Part I 基本となる素材――博多駅テレビフィルム提出命令事件(最高裁昭和44年11月26日大法廷決定)(179)
 Part IV もう1つの素材――法廷メモ訴訟(レペタ事件)上告審判決(最高裁平成元年3月8日大法廷判決)(196)
12 反論権,謝罪広告,訂正放送〔鈴木秀美〕……………………205
 Part I 基本となる素材――サンケイ新聞事件(最高裁昭和62年4月24日第二小法廷判決)(205)
 Part IV もう1つの素材――謝罪広告事件(最高裁昭和31年7月4日大法廷判決)(220)
13 集会の自由とその限界〔赤坂正浩〕……………………224
 Part I 基本となる素材――泉佐野市民会館事件(最高裁平成7年3月7日第三小法廷判決)(224)
 Part IV もう1つの素材――東京都公安条例事件(最高裁昭和35年7月20日大法廷判決)(235)

  ◇経済的自由◇

14 職業の自由と規制目的〔小山 剛〕……………………239
 Part I 基本となる素材――薬事法違憲判決(最高裁昭和50年4月30日大法廷判決)(239)
 Part IV もう1つの素材――西陣ネクタイ事件(最高裁平成2年2月6日第三小法廷判決)(252)
15 経済活動と租税立法〔山元 一〕……………………256
 Part I 基本となる素材――酒類販売業免許制違憲訴訟(最高裁平成4年12月15日第三小法廷判決)(256)
 Part IV もう1つの素材――サラリーマン税金訴訟(最高裁昭和60年3月27日大法廷判決)(268)
16 法制度の本質と比例原則の適用〔石川健治〕……………………273
 Part I 基本となる素材――森林法共有林事件(最高裁昭和62年4月22日大法廷判決)(273)
 Part IV もう1つの素材――郵便法の責任免除・制限規定違憲訴訟(最高裁平成14年9月11日大法廷判決)(296)
17 財産権と正当な補償〔工藤達朗〕……………………303
 Part I 基本となる素材――土地収用補償金請求事件(最高裁平成14年6月11日第三小法廷判決)(303)
 Part IV もう1つの素材――河川附近地制限令事件(最高裁昭和43年11月27日大法廷判決)(314)

  ◇適正手続◇

18 告知・聴聞の権利と違憲主張の適格 〔工藤達朗〕……………………319
 Part I 基本となる素材――第三者所有物没収事件(最高裁昭和37年11月28日大法廷判決)(319)
 Part IV もう1つの素材――福岡県青少年保護育成条例事件(最高裁昭和60年10月23日大法廷判決)(330)
19 行政手続における適正手続の保障 〔矢島基美〕……………………335
 Part I 基本となる素材――成田新法事件(最高裁平成4年7月1日大法廷判決)(335)
 Part IV もう1つの素材――川崎民商事件(最高裁昭和47年11月22日大法廷判決)(345)

  ◇社 会 権◇

20 生存権の法的性格〔小山 剛〕……………………350
 Part I 基本となる素材――堀木訴訟(最高裁昭和57年7月7日大法廷判決)(350)
 Part IV もう1つの素材――塩見訴訟(最高裁平成元年3月2日第一小法廷判決)(365)
21 公務員の争議権〔村田尚紀〕……………………370
 Part I 基本となる素材――全農林警職法事件(最高裁昭和48年4月25日大法廷判決)(370)
 Part IV もう1つの素材――全逓東京中郵事件(最高裁昭和41年10月26日大法廷判決)(390)

  ◇参 政 権◇
 
22 選挙権と選挙制度〔宮地 基〕……………………397
 Part I 基本となる素材――議員定数不均衡事件(最高裁昭和51年4月14日大法廷判決)(397)
 Part IV もう1つの素材――衆議院小選挙区比例代表並立制の合憲性(最高裁平成11年11月10日大法廷判決)(411)
23 政党と代表民主制〔大津 浩〕……………………423
 Part I 基本となる素材――日本新党繰上補充事件(最高裁平成7年5月25日第一小法廷判決)(423)
 Part IV もう1つの素材――愛知万博開催阻止公約違反事件(名古屋地裁平成12年8月7日判決)(438)

  ◇包括的基本権◇

24 平等原則と立法裁量〔棟居快行〕……………………444
 Part I 基本となる素材――在日韓国人元日本軍属援護法訴訟(最高裁平成13年4月5日第一小法廷判決)(444)
 Part IV もう1つの素材――児童扶養手当支給打ち切り事件(最高裁平成14年1月31日第一小法廷判決)(458)
25 自己決定権の法理〔矢島基美〕……………………464
 Part I 基本となる素材――宗教的理由による輸血拒否訴訟(最高裁平成12年2月29日第三小法廷判決)(464)
 Part IV もう1つの素材――校則パーマ禁止退学訴訟(最高裁平成8年7月18日第一小法廷判決)(476)

  ◇人権総論◇

26 人権の享有主体――外国人・法人〔宮地 基〕……………………481
 Part I 基本となる素材――マクリーン事件(最高裁昭和53年10月4日大法廷判決)(481)
 Part IV もう1つの素材――八幡製鉄事件(最高裁昭和45年6月24日大法廷判決)(495)
27 外国人の地方参政権〔村田尚紀〕……………………500
 Part I 基本となる素材――定住外国人選挙権訴訟(最高裁平成7年2月28日第三小法廷判決)(500)
 Part IV もう1つの素材――外国人公務員東京都管理職選考受験訴訟(最高裁平成17年1月26日大法廷判決)(508)
28 私法関係における人権保障〔大津 浩〕……………………519
 Part I 基本となる素材――三菱樹脂事件(最高裁昭和48年12月12日大法廷判決)(519)
 Part IV もう1つの素材――百里基地訴訟(最高裁平成元年6月20日第三小法廷判決)(532)
29 公務員の政治的表現の自由〔山元 一〕……………………537
 Part I 基本となる素材――寺西判事補事件(最高裁平成10年12月1日大法廷決定)(537)
 Part IV もう1つの素材――猿払事件(最高裁昭和49年11月6日大法廷判決)(548)

  ◇司法的救済◇

30 裁判を受ける権利〔笹田栄司〕……………………552
 Part I 基本となる素材――強制調停違憲訴訟(最高裁昭和35年7月6日大法廷決定)(552)
 Part IV もう1つの素材――少額訴訟手続の合憲性(最高裁平成12年3月17日第二小法廷判決)(561)
31 処分性・具体的事件性・裁判的救済 〔内野正幸〕……………………564
 Part I 基本となる素材――公立学校廃止統合事件(最高裁平成14年4月25日第一小法廷判決)(564)
 Part IV もう1つの素材――裁判所支部廃止事件(最高裁平成3年4月19日第二小法廷判決)(574)
32 行政訴訟・国賠訴訟における憲法訴訟〔畑尻 剛〕……………………578
 Part I 基本となる素材――在外国民選挙権訴訟(最高裁平成17年9月14日大法廷判決)(578)
 Part IV もう1つの素材――小田急高架訴訟(最高裁平成17年12月7日大法廷判決)(590)
33 団体の内部問題と司法審査〔宍戸常寿〕……………………596
 Part I 基本となる素材――蓮華寺事件(最高裁平成元年9月8日第二小法廷判決)(596)
 Part IV もう1つの素材――袴田事件(最高裁昭和63年12月20日第三小法廷判決)(607)
34 立法の不作為に対する違憲訴訟〔笹田栄司〕……………………612
 Part I 基本となる素材――在宅投票制度廃止事件(最高裁昭和60年11月21日第一小法廷判決)(612)
 Part IV もう1つの素材――台湾人元日本兵戦死傷補償請求事件(最高裁平成4年4月28日第三小法廷判決)(622)

判例索引

このページのトップへ

内容説明

①憲法判例を事案そのものに引き寄せて分析し、かつ解説をほどこす、②判例の理解を深め、かつ類似事案に対処する技術を身につけるための設問、③判例で取り上げられた論点を理論的に掘り下げて解説をほどこす、そして④関連する憲法判例をワンセットとし、対照させつつ理解することを容易にする構成、を特色とする。憲法判例の正確な理解から応用力の涵養までを1冊で。

このページのトップへ

関連書籍

法学六法   '18

法学六法 '18

著者:池田 真朗 編集代表
宮島 司 編集代表
安冨 潔 編集代表
三上 威彦 編集代表
三木 浩一 編集代表
小山 剛 編集代表
北澤 安紀 編集代表
 
 

このページのトップへ