【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 環境保全学の理論と実践 4

環境保全学の理論と実践 4

環境保全学の理論と実践 4

保全生態学体系化へのアプローチ

著者 森 誠一 監・編
ジャンル 自然科学・環境  > 環境
法律  > 環境法
出版年月日 2004/03/30
ISBN 9784797225662
判型・ページ数 A5変・176ページ
定価 本体2,500円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

自然環境を保全する様々な取り組みが各地で繰り広げられているが、それぞれの個々の生物の生態学的研究と群集として、また生物多様性としての生態学的な研究を通してどのように保全・保護していくのかといった保全生態学の体系化が進められている。本シリーズは、それまで得られた知見を様々な実践を通して理論的に裏づけると同時に、そこからさらに研究を積み重ねてその体系化を図るためのアプローチと位置づけている。本書はその第4弾である。

このページのトップへ