【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 環境保全学の理論と実践 2

環境保全学の理論と実践 2

環境保全学の理論と実践 2

自然を知ることから保全を考える

著者 森 誠一
ジャンル 自然科学・環境  > 環境
法律  > 環境法
出版年月日 2002/04/01
ISBN 9784797225648
判型・ページ数 A5・190ページ
定価 本体2,500円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

自然環境を保護・保全することの意義付けは周知徹底されてきたが、そもそもその自然とは何か。最近、「自然への配慮」、「生きものにやさしい…」等々、自然を改変する事業でのうたい文句となっている。しかしその実態は、必ずしもうたい文句通りに至っていないケースも多くあるようだ。その最大の要因は、その自然がどのように形成され、維持されてきたのかをしっかり把握しないで進められていることにある。本書は、その自然への認識と配慮することの意義について実践を通し解説を試みた。

このページのトップへ