【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > ハンガリー人─光と影の千年史

ハンガリー人─光と影の千年史

ハンガリー人─光と影の千年史

どこを見てもハンガリー人がいる

著者 パウル・レンドヴァイ
稲川 照芳
ジャンル 人文・社会  > 歴史
出版年月日 2008/12/25
ISBN 9784797225532
判型・ページ数 A5変・604ページ
定価 本体6,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

 日本語版への序文

 序 1

第1章 「異教の野蛮人」のヨーロッパ襲撃:

    ザンクト・ガレンの証人7

第2章 定住か征服か?:

    ハンガリー人のアイデンティティー 13

第3章 マジャールの嵐からキリスト教徒のアールパード王朝へ 28

第4章 継続性と自由を巡る戦い 39

第5章 1241年の蒙古来襲とその結果 50

第6章 中欧の大国へ:

    異国人の国王の下で 64

第7章 フニャディの英雄時代(マーチャーシュ国王の時代) :

    トルコの危険性を背景に 77

第8章 モハーチの破滅へ 89

第9章 トルコ支配の壊滅的な結果 98

第 10 章 トランシルバニアの重要性 110

第 11 章 ガーボル・ベトレン ―― 臣下,愛国者,ヨーロッパ人 118

第 12 章 ズリニ或いはズリンスキ? 2つの民族の英雄 131

第 13 章 クルツの反乱の指導者テケリ:

    冒険主義者か,裏切り者か? 143

第 14 章 ハプスブルク家に反抗するフェレンツ・ラーコーツィⅡ世の

    独立闘争 151

第 15 章 神話と歴史:

    時代の変遷の中の偶像 162

第 16 章 ハプスブルク王朝の支配下で ―― マリア・テレジア時代 167

第 17 章 「帽子を冠った国王」に対する戦い 184

第 18 章 修道士マルチノビッチとジャコバン党の陰謀:

    革命的殉教者としての秘密スパイ 190

第 19 章 イシュトヴァーン・セーチェニ伯爵と「改革の時代」:

    「偉大なハンガリー人」の成功と挫折 198

第 20 章 ラヨシュ・コシュートとシャーンドル・ペテフィ:

    1848年革命の象徴 215

第 21 章 勝利,敗北そして崩壊:

    1849年革命の失敗 231

第 22 章 英雄コシュート対「ユダ」ゲルゲイ:

    犠牲神話の中の「善玉」と「悪玉」 252

第 23 章 王妃エリザベート, 首相 アンドラーシと宰相ビスマルク:

    オーストリアとハンガリー間の和解への道 270

第 24 章 敗北の中の勝利:

    妥協と二重帝国のその後 287

第 25 章 限りなき幻惑:

    ハンガリー人の使命意識と民族問題 305

第 26 章 千年祭を巡る「黄金時代」:

    近代化とその陰 317

第 27 章 「ハンガリー系ユダヤ人かユダヤ系ハンガリー人か?」:

    貴族とユダヤ人の珍しい共生 337

第28 章 「ハンガリー人はドイツ人になるのかマジャール人か?」:

    ドイツ人の特別な役割 356

第 29 章 第一次世界大戦から「絶望的独裁」へ:

    赤い伯爵とレーニンのスパイ 366

第 30 章 白馬上の提督:

    トリアノン ―― イシュトヴァーン王国の死亡証明書 382

第 31 章 冒険者,贋金つくり,国王候補者:

    ドナウ盆地の平和のかく乱者 398

第 32 章 ヒットラーとともに:勝利と没落

    ユダヤ人抹殺からピューベルの支配まで 416

第 33 章 敗北の中の勝利:

    1945年-1990年 437

     共産党の権力掌握(437 )  ラーコシの独裁(439 )

     スターリンの死とハンガリー(454 )  56年ハンガリー革命(458 )

     カーダールの時代(466 )

第 34章 「どこをみてもハンガリー人がいる…」:

    天才と芸術家達 475


 感謝の言葉


 ハンガリー史の主なデータ

 原 注


 人 名索 引

 訳者の言葉



このページのトップへ

内容説明

投機家・慈善事業家:ジョージ・ションロシュ、インテル社:アンディ・グローヴ、ジャーナリスト:ピュリッツアー、哲学者:ジョージ・ルヤーチ、指揮者:ユージン・オーマンディ、ジョルジュ・ショルティ、作曲家:バルトーク、コダーイなど、「どこを見てもハンガリー人がいる」現代のハンガリー国家千年のなりたちを辿る。

このページのトップへ