【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 法政策学の試み (法政策研究第12集)

法政策学の試み (法政策研究第12集)

特集・公正競争

法政策学の試み (法政策研究第12集)

特集・公正競争として9論文を収録

著者 法政策研究会
ジャンル 法律  > 行政法
出版年月日 2011/03/17
ISBN 9784797225433
判型・ページ数 A5変・336ページ
定価 本体6,200円+税
在庫 在庫あり
 

目次

まえがき

〈第一部〉 特集 公正競争
1「競争の実質的制限」と「競争の減殺」を意味する「公正競争阻
 害性」とに一貫した基本的な判断枠組み(再論)(…)〔根岸 哲〕 3
一 本稿の目的と対象(…)4
二 排除型私的独占ガイドライン(…)6
三 「競争の実質的制限」と「効率性」および「消費者利益の確保に関する
 特段の事情」との基本的な位置関係(…)8
四 「抗弁」としての「効率性」および「消費者利益の確保に関する特段の
 事情」(…)9
五 「競争の実質的制限」要件を共通にする禁止行為に一貫した基本的な判
 断枠組み(…)10
六 「競争の減殺」を意味する「公正競争阻害性」の要件該当性判断におけ
 る「抗弁」(…)14
七 む す び(…)17
2  契約の法政策学に向けて
 法律家のための取引統治構造設計の理論と技法(…)〔齋藤 彰〕 21
一 はじめに(…)22
二 伝統的な契約法の教育とその弊害について(…)25
三 法律家養成の基盤となる契約法学の任務(…)33
四 契約法学の理論的枠組み(…)46
五 契約の法政策学に向けて(…)58
六 私見に基づく契約の法政策学の構想(…)61
七 おわりに(…)69
3  東アジア共同体時代の到来と日本の外交・法政策(…)〔山邑陽一〕 81
一 はじめに(…)82
二 アジアにおける近代日本の役割(…)85
三 太平洋戦争と東南アジア(…)86
四 戦後の日本とアジア(…)88
五 日本とアジアの現状(…)92
六 今後の日本の外交と法政策(…)94
七 おわりに(…)99

〈第二部〉 会員論文
4  労働条項による公契約の規制
 公共サービスの質と適正な労働条件を確保する入札・契約制度の検討(…)〔久保貴裕〕 105
一 はじめに――検討の対象とする契約(…)106
二 労働条項による規制を検討する視角(…)107
三 労働条項による規制目的の正当性(…)112
四 労働条項による規制の手法と実効性(…)116
五 おわりに――立法化への課題(…)124
5  公的統計から見る地方分権の課題(…)〔吉岡正和〕 131
一 本稿の目的と概要(…)132
二 公的統計の現状・農林水産統計を巡る状況(…)134
三 我が国の地方分権改革の到達点(…)141
四 最適な地方分権に向けた検討(…)144
五 むすび――地方分権の推進体制(…)149
6  戦時体制下における竹中治の企業者活動
 企業風土に見られる天下り失敗の要因を求めて(…)〔林 繁一〕 155
一 はじめに(…)156
二 成功の要因と官僚機構(…)158
三 日本曹達と竹中、岸との関係(…)168
四 報知新聞社をめぐる岸と竹中そして正力松太郎(…)175
五 政治への誘惑とその後の経営(…)179
六 おわりに(…)181
7  EUにおける特許権の国際的エンフォースメント 国際民事手続法の観点から(…)〔的場朝子〕 191
一 はじめに(…)192
二 二つの類型の国際的侵害事件(…)194
三 オランダのKort Geding手続を通じたクロスボーダー・インジャンク
 ション(…)195
四 欧州司法裁判所による最近の先決判断(…)209
五 ブリュッセル条約二四条(ブリュッセルⅠ規則三一条)との関係(…)213
六 裁判管轄を基礎づける特許権「侵害」(…)219
七 結 語(…)220
8  障害者雇用にかかる「合理的配慮」と法的制約に関する一考察(…)〔山下英子〕 237
一 はじめに(…)239
二 日本の障害者雇用制度における使用者の合理的配慮(…)240
三 合理的配慮をめぐる国際動向の検討(…)246
四 ADAにおける合理的便宜と法的制約(…)250
五 ドイツ法における合理的配慮と法的制約(…)255
六 ま と め(…)259
9  標準化と特許 公正、合理的、かつ非差別的な(RAND)条件の検討(…)〔青柳忠穂〕 269
一 はじめに(…)270
二 標準化による経済的視点(…)272
三 標準化の分類(…)272
四 標準化における特許権の取扱い(…)274
五 RAND条件の検討(…)276
六 標準化と反トラスト法(…)283
七 新しい標準化設定の試み(…)286
八 ま と め(…)290
 
あとがき

このページのトップへ

内容説明

「競争の実質的制限」(根岸哲)契約の法政策学に向けて(齋藤彰)東アジア共同体時代の到来と日本の外交・法政策(山邑陽一)労働条項による公契約の規制(久保貴裕)公的統計から見る地方分権の課題(吉岡正和)戦時体制下における竹中治の企業者活動(林 繁一)EUにおける特許権の国際的エンフォースメント(的場朝子)障害者雇用にかかる「合理的配慮」と法的制約に関する一考察(山下英子)標準化と特許(青柳忠穂)

このページのトップへ

関連書籍

このページのトップへ