【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
ホーム > 立憲主義と市民

立憲主義と市民

立憲主義と市民

市民の視点に立った立憲主義論

著者 浦田 一郎
ジャンル 法律 > 憲法
出版年月日 2005/12/08
ISBN 9784797224405
判型・ページ数 A5変・424ページ
定価 本体10,000円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

「立憲主義のために議会制民主主義が機能し、同様に違憲審査制が役割を果たすには、どのようにすればよいかという問題があるはずである。その点で、社会全体から見れば小数でも一定数の、市民の自覚、努力や運動が重要であると考えてきた。」(はしがきより)。フランスを中心とする憲法の歴史的考察から現行憲法の解釈論的考察にいたるまで、多様な論文をおさめる。

このページのトップへ

関連書籍

代表における等質性と多様性

代表における等質性と多様性

近代議会システムにおける相克

著者:只野 雅人
 
 
安全保障関連法─変わる安保体制

安全保障関連法─変わる安保体制

充実の内容、分かりやすい解説・図表

著者:読売新聞政治部
 
議会の役割と憲法原理

議会の役割と憲法原理

現代の議会制をめぐる問題を研究分析

 
 

このページのトップへ