【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 市民社会の変容と労働法

市民社会の変容と労働法

市民社会の変容と労働法

現代労働市場を理論的に位置づける

著者 横井 芳弘
篠原 敏雄
辻村 昌昭
ジャンル 法律  > 労働法/社会保障法
出版年月日 2005/08/16
ISBN 9784797224238
判型・ページ数 A5変・496ページ
定価 本体12,000円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

「理論法研究会」メンバーによる、横井芳弘先生の傘寿を記念した献呈論文集。高度情報技術の産業基盤への影響、多国籍産業の進展、それに伴うサービス労働の本質的定義の問題、労働市場の規制緩和など、現代市民社会と労働法の変化は多様である。これらの法現象を理論法学の観点から考察し、労働政策に関する論点を析出した力作である。

このページのトップへ