【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 不法行為法

不法行為法

不法行為法

不法行為法理論の最先端をゆく力作

著者 潮見 佳男
ジャンル 法律  > 民法
シリーズ 法律・政治  > 法律学の森
出版年月日 1999/06/20
ISBN 9784797224023
判型・ページ数 A5変・560ページ
定価 本体4,700円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

「不法行為制度には、経済的効率性、富の最大化(費用の最小化)よいう点に尽きない個人の権利の保障という大きな意味─最近の権理論の展開からすれば、不法行為制度の最大の意義と言ってもよいように思われる─がある。そして、「賠償か、補償か」という比較の視点だけからの被害救済論・被害者救済論や、「損害の分配」という点を不法行為の究極の目的とする立場には、見直しが迫られてよいのではなかろうか。」(本書15頁)

このページのトップへ