【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 芭蕉俳諧の季節観

芭蕉俳諧の季節観

芭蕉俳諧の季節観

韓国人研究者による芭蕉研究の秀作

著者 兪 玉姫
ジャンル 人文・社会  > 小説/エッセイ/詩
出版年月日 2005/09/15
ISBN 9784797222920
判型・ページ数 A5322ページ
定価 本体6,000円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

「秋深き隣は何をする人ぞ」からは孤独と憐憫の情からふと吐き出した"芭蕉の吐息"が聞こえるが、非常に暖かくもある。①日本人の季節観②日本的ペーソスの結晶"時雨"③庶民の芸術の結晶「猿蓑」という三つの要素を組みたてて芭蕉俳諧の特質を縦横に論じた。(本書「はしがき」より)。長期にわたる日本留学の成果である学位論文(お茶の水女子大)。著者は韓国の日本文学研究者。

このページのトップへ