【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > デュルケム理論と法社会学

デュルケム理論と法社会学

社会病理と宗教、道徳、法の相互作用

デュルケム理論と法社会学

デュルケム理論の独自性と正当性を主張

著者 巻口 勇一郎
ジャンル 人文・社会  > 社会学
出版年月日 2004/05/20
ISBN 9784797222739
判型・ページ数 4-6・434ページ
定価 本体4,800円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

内容説明

<本書の内容>序論/第1部 前近代社会における犯罪、宗教、法/抑止法と機械的連帯/古代社会、未開社会における贈与交換と法/法の歴史的変遷/第2部 近代社会における法と個人/復原法と有機的連帯/第3部 近現代社会における法と個人/法と自生的秩序/抽象的復原法から具体的復原法へ/近現代における社会病理現象と復原法を通じた道徳的秩序の再構築 他。

このページのトップへ