【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > データベース保護制度論

データベース保護制度論

著作権法による創作投資保護および新規立法論の展開 知的財産研究叢書 6

データベース保護制度論

保護範囲とその状況分析・立法政策

著者 蘆立 順美
ジャンル 法律  > 知的財産法/特許法/著作権法
シリーズ 法律・政治  > 知的財産研究叢書
出版年月日 2004/12/14
ISBN 9784797222678
判型・ページ数 A5変・280ページ
定価 本体8,000円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

データベースの法的保護にあたっては創作投資保護がその中心となる。これは、情報技術の発展以前より地図や歴史的著作物等についての著作権法上の論点であった。本書は、これら事実やデータを収集した創作物の著作権上の保護範囲とその状況を分析したものである。また、不法競争防止法やアメリカ著作権法との比較・検討を綿密に行いながら、日本の立法政策へ新たな視点を提示する。

このページのトップへ