【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 近代日本軍制概説

近代日本軍制概説

近代日本軍制概説

明治以降の日本軍制の構造研究の労作

著者 三浦 裕史
ジャンル 人文・社会  > 歴史
出版年月日 2003/03/25
ISBN 9784797222463
判型・ページ数 A5変・264ページ
定価 本体3,800円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

日本国憲法は、占領下に制定され、君主制の存続を認めた。一方、日米安保条約も占領下に締結され、米軍の駐留権を認めた。大陸の辺縁に位置する小さな島国は、自らが近代国家であることを叫びつつも、未だに軍隊を立憲化できずにいる。軍制の不安定においては、外国との比較が常套である。しかし、例えば、戦前の日満関係を戦後の米日関係と対照することも、また比較なのである。(本書「序」より)

このページのトップへ