【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > フランスの憲法判例

フランスの憲法判例

フランスの憲法判例

フランス憲法院の重要判例67件を収録

著者 フランス憲法判例研究会
辻村 みよ子 編集代表
ジャンル 法律  > 憲法
出版年月日 2002/10/11
ISBN 9784797222296
判型・ページ数 B5484ページ
定価 本体4,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

『フランスの憲法判例』

 フランス憲法判例研究会 編
 編集代表 辻村みよ子

【目  次】

はしがき〔辻村みよ子〕
解説:フランス第五共和国憲法と憲法院〔辻村みよ子〕

Ⅰ 「一にして不可分の共和国」と欧州統合〔編集委員:辻村みよ子,判例委員:鈴木眞澄〕
解 説〔辻村みよ子,鈴木眞澄〕

A 欧州統合と国家主権・国民主権
1 直接普通選挙による欧州議会選挙の合憲性(1976年12月30日憲法院判決)〔水島能伸〕
2 シェンゲン協定付加条約の合憲性(1991年7月25日憲法院判決)〔水島能伸〕
3 欧州連合条約(マーストリヒト条約)の憲法合憲性―マーストリヒト第1判決(1992年4月9日憲法院判決)〔辻村みよ子〕
4 欧州連合条約(マーストリヒト条約)のための憲法改正と憲法院―マーストリヒト第2判決・第3判決
  (1992年9月2日憲法院判決,1992年9月23日憲法院判決)〔山元 一〕
5 アムステルダム条約の憲法適合性(1997年12月31日憲法院判決)〔鈴木眞澄〕

B 国際化と地域化
6 欧州人権条約―死刑廃止(1985年5月22日憲法院判決)〔大藤紀子〕
7 国際刑事裁判所規程の憲法適合性(1999年1月22日憲法院判決)〔建石真公子〕
8 欧州地域語・少数言語憲章と共和国原理(1999年6月15日憲法院判決)〔糠塚康江〕

Ⅱ 人権総論(基本的権利・平等)〔編集委員:糠塚康江,判例委員:建石真公子〕
解 説〔糠塚康江,建石真公子〕

A 外国人の憲法上の地位
9 外国人の憲法的地位―移民規制判決(1993年8月12・13日憲法院判決)〔光信一宏〕
10 ドブレ法の憲法適合性―宿泊証明書判決(1997年4月22日憲法院判決)〔光信一宏〕

B 幸福追求権・個人の尊厳・プライヴァシー
11 人工妊娠中絶法における「生命の尊重」と「自由」(1975年1月15日,2001年6月27日憲法院判決)〔建石真公子〕
12 生命倫理法と人間の尊厳(1994年7月27日憲法院判決)〔小林真紀〕
13 監視ビデオ判決―プライヴァシー(1995年1月18日憲法院判決)〔江藤英樹〕
14 婚姻外カップル立法化の合憲性―連帯民事契約(PaCS)法判決(1999年11月9日憲法院判決)〔齋藤笑美子〕

C 法の下の平等
15 平等原則と違憲審査―職権課税判決(1973年12月27日憲法院判決)〔多田一路〕
16 ENAへのアクセスの「第三の道」判決(1983年1月14日憲法院判決)〔植野妙実子〕
17 国土整備振興判決―地域による差異・積極的差別是正措置〔1995年1月26日憲法院判決〕〔大藤紀子〕
18 選挙におけるクォータ制の違憲性と「政治的選挙」―クォータ判決(1982年11月18日憲法院判決)〔武藤健一〕
19 パリテ―違憲判決をのりこえるための憲法改正と憲法院(2000年5月30日憲法院判決)〔糠塚康江〕

Ⅲ 人権各論(基本的権利・自由)〔編集委員:山元 一,判例委員:清田雄治〕
解 説〔山元 一,清田雄治〕

A 精神的自由
20 憲法院の人権保障機関へのメタモルフォーゼ―結社の自由判決(1971年7月16日憲法院判決)〔山元 一〕
21 教育の自由と良心の自由―ゲルムール合憲判決(1977年11月23日憲法院判決)〔小泉洋一〕
22 表現の自由―新聞法判決(1984年10月10・11日憲法院判決)〔矢口俊昭〕
23 放送の自由と独立行政機関(1989年1月17日憲法院判決)〔1989年1月17日憲法院判決〕〔大石泰彦〕
24 表現の自由とフランス語保護法の憲法適合性(1994年7月29日憲法院判決)〔小原清信〕
25 コミュニケーション(インターネット)の自由(2000年7月27日憲法院判決)〔清田雄治〕
26 大学の自由(1984年1月20日憲法院判決)〔成嶋 隆〕
27 地方公共団体の私学助成―ファルー法改正違憲判決(1994年1月13日憲法院判決)〔小泉洋一〕

B 経済的自由
28 国有化法違憲判決―財産権の憲法的保障とその制約(1982年1月16日・2月11日憲法院判決)〔田村 理〕
29 民営化法合憲判決―「憲法的公役務」・「公的財産権」(1986年6月25・26日憲法院判決)〔田村 理〕
30 タバコ・アルコール中毒対策法(1991年1月8日憲法院判決)〔多田一路〕

C 身体的自由
31 治安と自由(1981年1月19・20日憲法院判決)〔佐藤修一郎〕
32 個人的自由と司法権―自動車検問判決(1977年1月12日憲法院判決)〔高作正博〕
33 無罪の推定・刑罰の一身専属性・犯罪の主観的要素―交通安全法判決(1999年6月16日憲法院判決)〔石川裕一郎〕

D 社 会 権
34 ストライキ権の憲法規範的価値とその限界(1979年7月25日憲法院判決)〔北川善英〕
35 労働者の参加権と法律事項(1994年8月3日憲法院判決)〔石崎 学〕
36 住宅への権利―生存権と国・公共団体の責任(1995年1月19日憲法院判決)〔丹羽 徹〕
37 家族手当の普遍性(1997年12月18日憲法院判決)〔藤野美都子〕
38 医療費支出の統制(1998年12月18日憲法院判決)〔藤野美都子〕
39 第2次35時間法の憲法適合性(2000年1月13日憲法院判決)(今野健一)

Ⅳ 統治機構〔編集委員:只野雅人,判例委員:福岡英明〕
解説〔只野雅人,福岡英明〕

A 国民主権と普通選挙
40 国民主権・平等選挙と選挙区確定(1986年7月1・2日,1986年11月18日憲法院判決)〔只野雅人〕
41 政党に対する国庫助成(1990年1月11日憲法院判決)〔永山茂樹〕
42 元老院議員選挙における選挙権の平等(2000年7月6日憲法院判決)〔大山礼子〕

B 議会の組織と権能
43 政府が国会議員に委託した任務に対する免責特権の保障―「議員特権に関する法律」違憲判決
   (1989年11月7日憲法院判決)〔新井 誠〕
44 国民議会規則の憲法適合性(1959年6月17・18・24日憲法院判決)〔勝山教子〕
45 予算法律の審議・評決手続(1979年12月24日,1979年12月30日憲法院判決)〔小沢隆一〕
46 元老院規則と立法手続(1990年11月7日憲法院判決)〔横尾日出雄〕
47 実験的法律の合憲性(1993年7月28日憲法院判決)〔福岡英明〕

C 司法と権力分立
48 裁判官の独立性と身分保障(1967年1月26日,1970年7月9日憲法院判決)〔横尾日出雄〕
49 法律による追認(1980年7月22日憲法院判決)〔福岡英明〕
50 行政裁判所の憲法的地位及び行政処分を受ける者の防御権(1987年1月23日憲法院判決)〔永山茂樹〕

Ⅴ 地方自治・地方分権〔編集委員:大津 浩,判例委員:長谷川憲〕
解 説〔大津 浩,長谷川憲〕

A 地方自治・地方分権の本質
51 地方分権の本質―地方分権法判決(1982年2月25日憲法院判決)〔大津 浩〕
52 コルシカ地方公共団体の地位に関する法律の合憲性(1991年5月9日憲法院判決)〔佐藤寛稔〕
53 自由行政原理による自治権の制度的保障とその限界(1984年1月20日,1990年5月29日憲法院判決)〔大津 浩〕

B 海外県・海外領土
54 フランス本国と「海外県・地域圏内」の制度の同一化と「特別の状況・適応措置」
   ―「ガドゥループ,ギィアンヌ,マルチニークおよびレユニオン海外地域圏に関する権限法律」に関する判例
  (1984年7月25日憲法院判決)〔長谷川憲〕
55 ニューカレドニアに関する特例措置の合憲性と地邦法律の審査(1999年3月15日,2001年1月27日憲法院判決)〔南野 森〕

Ⅵ 憲法院の審査機能と判断手法〔編集委員:今関源成,判例委員:蛯原健介〕
解 説〔今関源成,蛯原健介〕

A 選挙・レフェレンダムの審査と緊急権発動の諮問
56 選挙関係争訟における憲法院の審判領域(1958年12月12日暫定憲法委員会判決)〔中村 英〕
57 選挙関係争訟の手続と無効判断の基準(1959年1月5日暫定憲法委員会判決)〔中村 英〕
58 レフェレンダムに関する争訟における憲法院の権限(1960年12月23日憲法院判決)〔井口秀作〕
59 レフェレンダムによって承認された法律に対する違憲審査(1962年11月6日憲法院判決)〔井口秀作〕
60 大統領選挙の適法性審査(1969年5月17日憲法院判決)〔岡田信弘〕

B 権限の調整(37条・41条関係)
61 憲法院判決の既判力―農業指針法事件(1962年1月16日憲法院判決)〔矢島基美〕
62 法律事項と命令事項―憲法34条にいう基本原則とその適用(1959年11月27日憲法院判決)〔村田尚紀〕

C 諮問事項(16条関係)
63 非常措置権発動のための必要条件―諮問機関としての憲法院(1961年4月23日憲法院意見)〔南野 森〕

D 憲法判断の方法と基準(61条関係)
64 通常法律の最初の違憲審査(1960年8月11日憲法院判決)〔武居一正〕
65 審署後の法律に対する「事後審査」―ニューカレドニア緊急事態判決(1985年1がsつ25日憲法院判決)〔蛯原健介〕
66 解釈留保―地方直接税判決(1968年1月30日憲法院判決)〔蛯原健介〕
67 明白な過誤の法理―「ニューカレドニアの制度変更に関する法律」判決
   (1985年8月8日,1985年8月23日憲法院判決)〔今関源成〕

資 料
(1) フランス第五共和国憲法略年表
(2) 歴代憲法院判事一覧
(3) 憲法院年代別判決件数
(4) 判例索引(事項別・日付順)
(5) 事項索引
(6) 主要参考文献一覧

このページのトップへ

内容説明

本書は、日本ではじめてのフランス憲法判例集である。それは、フランス第五共和制憲法で創設されたフランス憲法院の重要判例を選抜し、その意義や論点を解説した体系的な判例集である。同時に、日本のフランス憲法研究者数十人による、総合的な共同研究の成果である。

このページのトップへ

関連書籍

このページのトップへ